株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

『情報漏えい対策』本当に大丈夫ですか?(大阪)

本イベントは終了しました。

セミナー

近年サイバー攻撃による事件が増加しており、大規模な情報漏えい事件が発生しています。それもセキュリティ対策を施していたにも関わらず、システムの惰弱性を狙った攻撃とソーシャルエンジニアリングを駆使した攻撃により情報の搾取が行われています。
本セミナーでは、万全なソリューションをご紹介いたします。


このような方におすすめです

●最新の情報漏洩対策、セキュリティ対策について知りたい方
●情報システム担当者様
●経営企画担当者様
●販売パートナー様
●コンプライアンス担当様

※本セミナーは法人様向けの内容となっております。
 競合他社様・個人の方の参加はご遠慮いただいておりますのであらかじめご了承ください。

セミナーアジェンダ

14:00~14:30
今、企業で求められるセキュリティ対策
【貴社に忍び寄るサイバー攻撃!情報漏えいの実態と対策を基礎から解説】
講師:東芝ソリューション販売株式会社 サービス&ソリューション推進部
   シニアスペシャリスト 永野 琢己氏
サイバー攻撃による被害が増加の一途をたどっています。その代表的なものが標的型攻撃による情報漏えいとランサムウェアによる身代金要求です。こうした攻撃のリスクからビジネスと情報資産を守るための基本的対策を具体例を交えわかり易くご紹介いたします。
14:30~15:20
「万全な」標的型攻撃対策は出来ていますか?
【ネットワークからエンドポイントまでの幅広い標的型攻撃対策について】
講師:株式会社ハンモック 大阪営業所 所長 深澤 紀彦
標的型攻撃対策としては、企業様や自治体様は、JPCERTやIPA、JIPDEC等のセキュリティ対策の啓蒙活動の一環で、公開された脆弱性に対し、「適切に」「早く」パッチを適用する事が求められております。 「パッチを適切に早く適用する」ために必要な各ベンダーや勧告団体のセキュリティ情報の迅速な把握、 適応手順を確立し、クライアント端末まで短時間に適用できる新しい仕組みの機能をご紹介いたします。
15:30~16:30
必見!日々姿を変える脅威の傾向と対策
【これからの時代を生き抜く企業情報セキュリティ対策とは?】
依然猛威を奮う標的型攻撃、不正送金、機密情報持ち出し・搾取に加え、マイナンバー法、特定個人情報保護法・・・企業におけるセキュリティ対策の重要性は日々高まっております。本セミナーでは新たな脅威やその動向と事例紹介から、これらの脅威に対して企業はどのような対策を講じなければならないのか、さらには施行される各種法律面からの対策案についてご紹介いたします。
16:30~ 質問 および 個別相談会
ご紹介製品
IT資産管理ソフト『AssetView』
次世代プラットフォーム『Paloalto』

セミナー詳細、お申し込み

開催日 2016年11月22日(火)
時間 14:00~17:00(受付 13:30~)
会場 梅田阪急ビルオフィスタワー 27階E2会議室
〒530-0017 大阪市北区角田町8-1(梅田阪急ビルオフィスタワー)
地図
■阪急梅田駅 徒歩約3分
■JR大阪駅 徒歩約4分
■阪神梅田駅 徒歩約3分
■地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩約2分
■地下鉄谷町線東梅田駅 徒歩約2分
定員 30名
参加費 無料
主催 東芝ソリューション販売株式会社
共催 東芝ITサービス株式会社/株式会社ハンモック
お申し込み 終了しました。
お問い合わせ 西日本営業部 大阪営業所
TEL:06-6446-2230

ページ先頭へ

fotter_line

ページ先頭へ

<『情報漏えい対策』本当に大丈夫ですか?(大阪)>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
ハンモック社長 写真俳句ブログ  マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation