もみじ

もみじ

力なき 秋の陽嘆く もみじかな

やわらかで弱々しい秋の陽が、紅く色づいたもみじの葉を揺らしている。

静かな庭は風のそよぎにもかすかなざわめきを伝え、

ほどなくもとの静寂へと帰ってゆく。

もみじはあと少しだけの美しい紅葉こうようの時期を残し、

もうすぐ裸になってしまうことをうらんでいるかのようだ。