ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ Enterprise|エラー/障害 ]


Q082. 『Btrieve Error 3105・・・』というエラーが表示されます。
バージョン5、6、7、8 タイプEnterprise 最終更新日2005年06月02日

TeleForm EnterpriseでTeleForm Monitor起動時に、 次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

Btrieve Error 3105 on file 'T:\TELEform\idb\tflock.btr' - No available transport protocol for the Pervasive Network Service Layer.(0)

このBtrieve Errorは、TeleFormクライアントからTeleFormサーバーのPervasive.SQLに 接続できなくなってしまった場合に発生します。

回避方法は次の通りです。

  1. TeleFormのすべてのアプリケーションを終了します。
  2. TeleFormサーバーのサービスにて、「Pervasive.SQL.2000(relational)」を停止します。
  3. 同じく「Pervasive.SQL.2000(transactional)」を停止します。
  4. 「Pervasive.SQL.2000(relational)」を開始します。
  5. 「Pervasive.SQL.2000(transactional)」を開始します。

上記を行った後、プライマリPCにて、TeleForm Monitorを起動し、
エラーが回避されることをご確認下さい。

もし回避されずに、同様のエラーが発生する際には、
TeleFormサーバーにてPervasive.SQL.2000iを上書きインストールして下さい。


ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q082. 『Btrieve Error 3105・・・』というエラーが表示されます。 - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation