ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ FAX ]


Q045. MS-FAXで受信したFAXイメージを、自動的にTeleForm Reader(Version6)に渡せないのですが。
バージョン6    タイプすべて 最終更新日2005年06月02日

MS-FAX用のDLLが日本語版のため、TeleFormがMS-FAXの受信ボックスから イメージを取得できていない現象と考えられます。

TeleFormはアメリカの製品であるため、英語版のDLLを使用することで回避可能です。
下記の手順で設定を行ってください。


【設定手順】

  1. こちらから英語版のDLL(『Mapi32.dll』)をダウンロードしてください。
    ファイル名:Dll.exe、解凍後ファイル名:Mapi32.dll)
  2. 念のため、"Windows\System"にある『Mapi32.dll(日本語版)』のバックアップを行ってください。
  3. ダウンロードした英語版の『Mapi32.dll』を"Windows\System"にコピーしてください。
  4. 英語版のDLLがコピーできたら、一度受信ボックスを開きます。
  5. 「Choose Profils」ダイアログが表示されますので、[New]ボタンを押してください。
  6. その後は[Enter]を押して先へ進んでください。
  7. ダイアログが文字化けして表示されると思いますが、そのまま先へ進み、モデムの設定を行ってください。
  8. 最後に『Profile Name』が「MS Exchenge Settings」になりますので、[OK]ボタンを押してください。
  9. TeleForm Designerの「ユーティリティ」-「Connect Agent Setup(接続設定)」-「MS-FAX」から[Profilse Name]-[MS Exchenge Setting]を選択して[OK]ボタンを押してください。

*上記設定後、FAXの受信が正常に行えることをご確認ください。


~MS-FAXのサポートについてのお知らせ~
MS-FAXは、TeleForm Version7以降サポートしていません。
FAXが1回線の場合は「まいと~くFAX」をお使いください。


ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q045. MS-FAXで受信したFAXイメージを、自動的にTeleForm Reader(Version6)に渡せないのですが。 - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation