Remark Office OMR Ver.5.5 - ご購入前のFAQ

更新日:2011年05月16日

Q59. 今まで使用していたスキャナーが壊れてしまいました。他のスキャナーに変更してもRemark を使えますか?

他のスキャナーに変更してもRemark はそのままお使いいただけます。

基本的にRemark Office OMR Ver.5.5は、TWAIN/ISISドライバ対応のスキャナーであればRemark の画面からスキャンを実行する連携操作が可能です。
スキャナーの仕様によりRemark での連携操作が出来ない場合やTWAIN/ISISドライバ未対応のスキャナーをお使いになる場合は、Remark がサポートしている形式でスキャンイメージをフォルダーに格納し、そのイメージ・ファイルをRemark に取り込む方法をご利用ください。

<フォルダーに保存したイメージ・ファイルをRemark で処理する際の流れ>

  1. スキャナー付属のソフト等でスキャナーにセットした用紙を読み込みます。
  2. 読み込んだイメージをRemark サポート形式でフォルダーに保存します。
  3. Remark のサーバーモード機能で2.のフォルダーを監視し、保存されているイメージをOMR処理します。
  4. Remark にOMR処理結果が表示されます。

なお、Remark はテンプレートを作成した時と同じスキャニング設定で、記入済み用紙をスキャンすることを前提としています。異なるスキャニング設定で記入済み用紙をスキャンするとRemark でのOMR認識精度が低下しますので、スキャナーを他のものに変えた場合はテンプレートを作成した時のスキャニング設定と同じ設定(ファイル形式、解像度、輝度など)にしてから記入済み用紙をスキャンしてください。
そして、スキャナー設定を調整してもRemark での認識精度が改善しない場合は、新しいスキャナーにてテンプレートを作り直した上で記入済み用紙をスキャンしてください。


ページ先頭へ

sp 

ページ先頭へ

<スキャナーについて - Q59. 今まで使用していたスキャナーが壊れてしまいました。他のスキャナーに変更してもRemark を使えますか?>
IT資産管理、ライセンス管理などの法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】をご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、ライセンス管理、セキュリティ対策、名刺管理、リードナーチャリング、FAXサーバー、高精度OCR、マークシート処理などの、法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。IT資産管理、ライセンス管理、名刺管理や営業支援、FAXサーバーやOCRまで、オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
IT資産管理やライセンス管理のことなら
株式会社ハンモックにおまかせください
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation