ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

名刺管理コラム - Vol.8

営業活動との連携や最新人事の反映...
大企業に必要なクラウド型名刺管理ツールの3大機能


大企業に必要な名刺管理の3大機能

クラウド型名刺管理ツールとは

クラウド型名刺管理ツールとは、ネットを介して利用する名刺の管理ツールです。手元のパソコンではなく、ネットに接続されたサーバーに置かれたシステムのため、出先のどこからでもアクセスして利用できますし、システムの保守管理を自社で行わなくてすみます。
個人向けの名刺管理ソフトにも、クラウド型もありますし、パッケージで販売されているものやダウンロードして使う名刺管理ソフトの中にも部分的にクラウドを利用するタイプのものもあります。個人が使う名刺管理ソフトは、単純に名刺をデータ保存、後で必要になったとき、必要な名刺をぱっと探せることが主な目的のソフトです。
企業向けの名刺管理ツールは、いまはクラウド型名刺管理ツールが一般的です。企業にとっての名刺管理ツールは、個人の名刺管理ソフトとは意味合いも、利用の仕方も異なっています。属人的になりがちな人脈を企業の資産とすることが第一目的です。それにより、異動時などの引継ぎの際の抜け漏れが減るとともに、引継ぎを容易にします。加えて、名刺に書かれたデータだけでなく、そこに新たな企業情報を追加したり、データを更新したり、さらには営業活動やプロジェクト進捗などの情報を結びつけることで、企業活動を支援するツールとなります。
クラウド型名刺管理ツールを選ぶにあたっては、クラウド型名刺管理ツールでできることを知り、最も有用で企業活動に利益をもたらすものを選びましょう。特に大企業が使うクラウド型名刺管理ツールを選ぶ際は、大企業ならではの必要機能を知り、その機能の有無を確認することが大切です。

大企業に必要なクラウド型名刺管理ツールの機能1:社内の人脈や営業活動の共有化

社内で名刺を共有化するだけであれば、企業向けのクラウド型名刺管理ツールなら、ほぼ、どのクラウド型名刺管理ツールでも行えます。しかし、単に名刺を共有するだけでは、人脈を共有することにはなりません。名刺データの重複をなくして、正確性を高めるとともに、その名刺の相手と自社とのつながりや、これまでの営業履歴などまでがわかってこそ、人脈の共有と言えます。
特に大企業で起こりがちな営業バッティングを防止するためには、高機能なクラウド型名刺管理ツールが必要です。同じ顧客に別々の部署がアプローチしてしまうと、「さっきも電話がかかってきたよ。何度もしつこい!」と相手の気分を害してしまいます。営業バッティングは単に無駄な作業ということにとどまらず、顧客になりうる相手を怒らせ、取引の可能性をつぶしてしまいます。
営業バッティング防止や適切な営業活動を行うために、クラウド型名刺管理ツールに求めたい具体的な機能のひとつが名寄せです。複数の同じ名刺はもちろん、部署や肩書が異なる名刺も、同一人物の名刺と判断、ひとつのデータにまとめることが欠かせません。重複データのチェックやマージ処理を手作業で行おうとすると、時間も手間もかかります。こういった作業こそ、システムに任せるべき作業です。
また、名刺管理ツールと営業支援機能との連携により、名刺データと営業活動をリアルタイムでつなげ、現在の営業状況を把握することも重要です。誰がいつどう接触したか、それに対して、相手がどう反応したか、メールの開封やサイトのどのページにアクセスしたかなどがわかることで、相手への最適な営業が行えるようになります。
クラウド型名刺管理ツールの中でも、これらの機能を望めるツールと望めないツールがあります。

大企業に必要なクラウド型名刺管理ツールの機能2:人事異動情報や企業情報との連携

大企業においては、取引先も多く、名刺データも膨大です。それだけに、そのデータの更新や、データ追加といった作業も膨大になります。それらの作業はクラウド型名刺管理ツールに自動処理してほしいものです。
クラウド型名刺管理ツールの中には、Webで公表された人事異動ニュースを取得して、名刺データに該当する情報がある場合には通知してくれる機能を持つものがあります。この機能により名刺データは最新化され、顧客の昇進や異動などの最新情報をすばやくつかんで、営業活動に生かすことができます。
また、名刺に書かれた情報だけでなく、それを元に相手先企業の業種や規模、上場区分などの企業属性の追加を行ってくれるクラウド型名刺管理ツールもあります。それらの属性を元に相手をグルーピングすれば、それぞれに対して適切なタイミングと内容でメールを送ったり、それに対する相手の反応により、次のメールを作成したりするなど、より戦略的で、効率的な営業活動が可能になります。

大企業に必要なクラウド型名刺管理ツールの機能3:他システムとの連携

大企業の場合はクラウド型名刺管理ツール導入を考慮するときには、たいがい、すでにさまざまなシステムがあり、そのシステムとの連携が行えることが、クラウド型名刺管理ツールを選ぶときの必須条件です。
たとえばSFAは案件やプロジェクトの進捗管理などに欠かせないシステムであり、名刺データとの関係も深いシステムです。クラウド型名刺管理ツールを選ぶにあたっては、他システムとの連携がスムーズに行える「API」が公開されているかどうかは、ひとつの重要なチェックポイントです。
また他のシステムと連携できるデータが「名刺データ」以外にもあるのかもチェックしたいポイントです。
名刺管理ツールの中には営業支援機能を持ち合わせているものもあるため、商談情報などを基幹システムやBIツールに連携できれば、業務の効率化ができ、活用の幅が広がります。

まとめ

大企業がクラウド型名刺管理ツールを選定する際に有無をチェックしたい機能をご紹介しました。一口にクラウド型名刺管理ツールといっても、安価な代わりに機能は限られているものから、機能は豊富だが高価なものまで多様です。自社にとって必要な機能をきちんと見定めて、ポイントをチェックして、使い勝手のいい、適正価格のクラウド型名刺管理ツールを上手に選択してください。

> 大企業にとって重要な "データを有効活用する" HotProfile のシステム連携

Vol.9 - 名刺管理ツールのリプレイス時に注目!費用対効果を高めるプラスα機能3選


資料ダウンロード、無料トライアル、お問い合わせはこちら

資料ダウンロード無料トライアルお問い合わせ

営業活動との連携や最新人事の反映...大企業に必要なクラウド型名刺管理ツールの3大機能 - 名刺管理、営業支援ツール『HotProfile』

クラウド型名刺管理ツールとは クラウド型名刺管理ツールとは、ネットを介して利用する名刺の管理ツールです。手元のパソコン 『HotProfile(ホットプロファイル)』は「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の3つの領域で分断された業務プロセスを有機的に結び付け、セールス&マーケティングのオートメーション化を実現する名刺管理、営業支援ツールです。『HotProfile』を活用することで営業担当者の名刺入力や報告の業務負荷を削減し、人脈を活かした活動や見込み顧客へのアプローチを支援します。また営業企画やマーケティング担当者はホットリードの発掘を促進でき、シームレスに営業へ見込み客を提供できます。経営者にとっては、低コストで「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の各ツールをまとめて導入でき、飛躍的な営業生産性の向上を実現できる、営業支援ツールの決定版です。


HotProfile 導入のススメ

イベント情報

イベント情報

イベント情報

営業支援コラム

ホト田部長

ページ先頭へ

gray
<営業活動との連携や最新人事の反映...大企業に必要なクラウド型名刺管理ツールの3大機能>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク  ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2018 Hammock Corporation