ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

名刺管理コラム - Vol.2

名刺管理ただ配るだけでは意味がない。
営業マンが「名刺」を
使いこなすには?

対面での営業活動の重要性

さまざまな企業や組織がありますが、業界や業種を問わず、営業部門では営業マンとして外回りし、人と会う機会が増えます。会社の宣伝を行い、商品やサービスを売り込み、売上を上げることが営業マンの仕事であり、どのような会社においても重要です。
会社のWebサイトでの宣伝やメール配信、電話などでも製品やサービスの宣伝は可能ですが、対面の場合はお互いの表情が見え感情が伝わりやすいため、それ以上に効果的です。それゆえ、対面での営業活動はとても重要であることがわかります。

営業マンであれば、受注に向けた営業活動を行うことが仕事であり、放っておいては仕事が向こうから舞い込んでくることはほとんどありません。そのため、積極的にこちらからアプローチする必要があり、数をこなすことが仕事ともいえますが、そのなかで少しでも反響があり、自社や自分のことを相手に覚えてもらえることに越したことはありません。

名前を覚えてもらうには?

みなさんはこれまで自分宛に営業に来ていただいた担当者の名前をすべて覚えていますか?
営業マンがお客様に訪問した際、お客様に名前を憶えてもらうのは至難の業です。そこで、「名刺」の出番です。「名刺」を用意して相手と交換すれば、自社や自分を宣伝するツールとなりえます。
多くの「名刺」には会社名、住所、電話番号、肩書き、氏名、連絡先、WebサイトのURLなど、会社情報と本人の情報が記載されていますが、相手に自分を印象付けたいのであれば、顔写真や似顔絵を載せることも効果的です。
事業所がある場合は事業所の住所や、会社や自身で取得している資格などがあればそれらのロゴを載せることで、何らかの話に発展することがあり、それは相手に自分を印象付ける効果もあります。

名刺が溜まってくると、名刺入れやケースに保管するようになりますが、目当ての名刺を探しにくいようなこともあります。そんなときに、印象に残る会社のロゴや担当者の顔写真、通常とは少し形の違う名刺があれば、探しやすくなります。
少しの工夫で自分のことを印象付けることができるので、「たかが名刺」と思わずに、自分をアピールするためのツールとして最大限活用しましょう。

「名刺」を使いこなす

そもそも、名刺を作る目的は何でしょうか。
それは、会社の事業内容や自分が担当者であることを伝え、自社製品やサービスの受注に繋げることです。自分の名前を覚えてもらうだけならば、名刺に名前のみを記載すれば印象があり、名前もきっとすぐに覚えてもらえるでしょう。しかしそれは強烈でインパクトはありますが、名前を覚えてもらえるだけであり、受注に繋がるかというと疑問になります。

そこで、名刺を使いこなすための創意工夫が必要となります。名刺を使って交換時に話を弾ませて、相手との関係を良くして、会社や製品、サービスの売り込みをする、ということを目指すことになります。しかし、ここで勘違いしてはいけないのは、名刺を作っても見た目がかっこいい必要はありません。デザインや形に凝り過ぎたところで、名刺としての印象は残っても、事業内容は担当者のことまで印象付けられるかはわかりません。
それよりも、名刺を受け取った相手が後から名刺を見返したときに、どんな企業でどんな担当者であったかを思い出してもらえる方が重要です。

「名刺」がもたらす効果

・初対面でも話が弾むようにする
話が苦手という営業マンなら、なおさら名刺には多くのことを記載しておくべきです。たとえば釣りが趣味で相手も同じ趣味なら、そこから話が弾んで、一気に仕事の話にまで繋がるかもしれません。最初から急に営業トークで仕事の話から始まるよりは、雑談から徐々に仕事に繋げた方が、相手の気持ちも開かれやすいです。

・人間関係を良くする
相手との共通点が見つかると、不思議と人は親近感が沸いて距離が近くなっていきます。相手との共通を見つけやすく、名刺に人間関係を良くするポイントや座右の銘、簡単な略歴などをさりげなく記載することも効果的です。言葉では言いにくいようなことを書いても構いません。

・インパクトを与える
これは先ほどの話と重複しますが、何十枚も名刺を持っていると、名刺を整理してそれぞれを見たとしても、この人は誰だったかな?ということがあります。会社名を見ても、どんな会社だったかな?と思い出せないこともあります。こうなると名刺を相手に渡す意味がなくなってしまうため、キャッチコピーなどを使い印象に残るようにしましょう。

・Webサイトに誘導する
受注を目指すのであれば、名刺のみでは営業活動に結びつきにくいため、会社のWebサイトを見てもらい、どのような会社であったかを思い出してもらう必要があります。そこで重要なのがWebサイトへ誘導するための仕組みです。ただ会社のWebサイトのURLを記載するのみでは不十分です。WebサイトへアクセスできるQRコードの記載や、スマホ対応用のページがあることなどを記載し、Webサイトまで誘導しましょう。

・事業内容を理解してもらう
これも重要なことであり、相手の会社の困っていることを解決する、または相手の会社の役に立つということをアピールするようにします。この部分を記載しておくと、印象に残りやすいです。


まとめ

名刺を作り、営業活動用のツールとして使うなら、このようなことが大切です。そして一番は受け取ってもらった後に処分されないことが重要であり、破かれてゴミ箱行きになってしまっては渡す意味がありません。相手が必要と思ったときにすぐに名刺を見てもらい、連絡してもらうことが大切です。そのような機能を名刺に工夫して持たせるようにしましょう。


Vol.3 - 「名刺」を有効活用するための「名刺管理」手法


ただ配るだけでは意味がない。営業マンが「名刺」を使いこなすには? - 名刺管理、営業支援ツール『HotProfile』

さまざまな企業や組織がありますが、業界や業種を問わず、営業部門では営業マンとして外回りし、人と会う機会が増えます 『HotProfile(ホットプロファイル)』は「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の3つの領域で分断された業務プロセスを有機的に結び付け、セールス&マーケティングのオートメーション化を実現する名刺管理、営業支援ツールです。『HotProfile』を活用することで営業担当者の名刺入力や報告の業務負荷を削減し、人脈を活かした活動や見込み顧客へのアプローチを支援します。また営業企画やマーケティング担当者はホットリードの発掘を促進でき、シームレスに営業へ見込み客を提供できます。経営者にとっては、低コストで「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の各ツールをまとめて導入でき、飛躍的な営業生産性の向上を実現できる、営業支援ツールの決定版です。

サービス支援メニュー

稼働環境

サポート

導入事例

ご担当者様

店舗流通ネット株式会社 様

「名刺」交換した方のWebアクセスをチェックして営業に活用。
S社名刺管理サービスから HotProfile に乗り換え!

イベント情報

イベント情報

イベント情報

ホワイトペーパーDL

フリーの名刺管理ツールは危険

営業支援コラム

名刺管理コラム

メールマガジン

ページ先頭へ

sp 
gray
<ただ配るだけでは意味がない。営業マンが「名刺」を使いこなすには? - 営業支援ツール『HotProfile』>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2017 Hammock Corporation