ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

株式会社 横浜銀行 様

株式会社 横浜銀行 様

試行運用を開始して、圧倒的な業務効率化を実感!
Face to Face で密度の高い渉外活動に期待。

法人営業部 法人戦略企画グループ
調査役 曽我 勇太 様(右)
副調査役 石塚  諭 様(左)

法人営業に関する中長期的戦略の立案をご担当。
「営業店の生産性向上」をキーワードに HotProfile をはじめとする効率化のためのシステムを導入。

(注)所属は2018年3月31日現在


神奈川県横浜市に本店を置く、地方銀行の最大手です。2016年4月に東日本銀行と経営統合し、コンコルディア・フィナンシャルグループの一員として新たなスタートを切りました。国内外合わせて207店舗のネットワークを誇っています。神奈川県内の店舗数は177店と、金融機関の神奈川県の店舗数では群を抜く一位です。新たなスタート後、東京でも支店数を増やし、いまは23店舗。群馬、大阪、名古屋、そして海外では上海に支店を持ち、活動範囲を広げています。(2018年3月31日現在)

導入の理由

働き方改革が求められる時代に
Face to Face での顧客との
コミュニケーションに力を注げるよう
営業活動の効率化と情報共有の強化を検討。

導入の効果

電話番号やメールアドレスを探すのが
一瞬で済んだり、顧客の人事異動なども
自動通知で把握できたり...
日々、便利さと効率化を実感。


導入の背景

お客さまと会って話す時間を増やせるよう業務効率化する必要があった。

曽我様「わたしたちはFace to Faceを大事にしています。1日の時間は限られているので、省力化できる部分は省力化して、少しでもお客さま に直接会ってお話しする時間を増やしていきたいと思っています」
法人営業部の曽我氏は、「営業店の生産性向上」をテーマに、効率化に役立つツールの導入に励む理由をそう語ります。
働き方改革 を推進していく中、いままでよりも密度の高い渉外活動が求められます。その前提として効率化が不可欠です。

お客さまについて、もっとしっかり把握するために、
顧客企業の組織の見える化をしたかった。

「お客さま 企業の中に、たとえば財務部があり、財務部長がいらして、ご担当の方もおられます。また財務以外にも、工場の方とか、いろいろな方と接する機会があります。ひとつの企業内にも、さまざまな組織があり、人がいらっしゃいます。それらを見える化したいという思いがありました
HotProfile 導入の理由のひとつとして、曽我氏は顧客企業の組織の可視化をあげました。横浜銀行の法人営業部では、顧客企業の組織や人のつながりを把握して管理することを行ってはいますが、見える化まではできていませんでした。

充分な時間が取れない人事異動時の引継ぎを、
もっとスムーズに行えるようにしたかった。

「銀行は異動が多く、引き継ぎ期間も十分 に取れない場合もありますので、そこを多少なりともカバーできたら...という思いがあります」
曽我氏は HotProfile 導入への期待をそう語ります。異動に際しては、お客さま の引継ぎが非常に大切です。しかし、引継ぎのための時間は 限られています。現在、法人顧客の情報はすべてシステムに入ってはいますが、顧客企業それぞれの担当者の経歴や、組織の構造などまでは、いまは管理できていません。HotProfile で、そこまで顧客の情報を管理できるようになれば、引継ぎもスムーズに行えると、次の異動シーズンに期待を寄せます。

本部と支店との顧客情報の共有によって新たなビジネスチャンスを作りたい。

「どうしても本部と支店は物理的に距離が離れているので、情報を共有できていません。たとえば本部で、さまざまな会社さんとお取引があっても、その情報は支店には見えません」
曽我氏は、そこに大きなビジネスチャンスを見ています。支店が何年も営業をかけていながら会えないお客さま を、実は本部の人が知っていたり、何年も前に、別の支店の人と仲がよかったり......そんなもったいないことが起きてしまいます。せっかくの人脈を埋もれさせないように、名刺を共有して、人のつながりを見える化することで、新たな営業活動につながります。

選択の理由

Face to Faceで細かく要望を聞き取り、
さまざまなケースへの細やかな対応を大きく評価。

「導入検討にあたり、どこよりもハンモックの営業担当者が熱意をもって当行 と向き合ってくださいました。 試運用開始にあたっても、問題なく運用ができるよう、細やかに対応していただきました」
曽我氏はハンモックの、Face to Face でしっかりとご要望をお聞きして、それぞれの顧客の求めに応じた細やかな対応をする点を評価しています。
今後の本格導入に向けて、まだ細かな点の調整が必要ですが、それらへの柔軟な対応にも期待を寄せています。

HotProfile はセキュリティ面も問題なく 機能的にも優れていた。

「セキュリティをそもそも生業にされていらっしゃるため、盤石なセキュリティ対策をされていると知り、安心して決定できました」
曽我氏はセキュリティ面に厳しい銀行として、HotProfile をその面でも合格としています。
銀行は、情報の流出を絶対に避けなくてはなりません。特に重要な顧客情報に関しては、これまでクラウド型システムに預けることはほとんどありませんでした。しかし、名刺管理システムにおいては、オンプレミス型システムよりもクラウド型のほうが機能的に高いと、クラウド型を選ばれました。

導入の効果

顧客企業の担当者の肩書の変更などの情報通知により、顧客との良好な関係構築を実現。

石塚様「わたしが名刺交換した方の肩書が変わったという通知が来て、確認すると、 ご昇格をされていたので、すぐにご連絡したところ、『見てくださっていたんですね』と言っていただけました」
石塚氏が実感されたのは、HotProfile の通知機能がもたらす効果です。HotProfile には、登録されている名刺情報と合致する人事異動ニュースを通知する機能があります。銀行の法人営業担当者は、毎日企業のニュースを追いかけるようにしていますが、なかなか手間がかかります。自動的に通知されることで見落としを防ぎ、顧客とのいい関係を育むことができます。
「自分が知っているお客さまと、他の部署や支店の担当者などが名刺交換すると、その通知が来るのもおもしろいですね」
石塚氏は人脈の見える化の面白さを語ります。

顧客の電話番号やメールアドレスの確認など、日々の業務が圧倒的に迅速化された。

「電話をするときに電話番号を確認するために、従来なら大きな名刺入れを出してきて、それをめくって目で探していたのが、HotProfile なら、顧客の社名を入れれば一瞬で見つかります。それは圧倒的な効率化ですね」
曽我氏は、HotProfile の基本的な名刺管理機能が、電話をかける、メールを送るといった日々の業務の面倒だった部分を効率化して、時間をかける意味がない単純作業が圧倒的に迅速化されることを実感しています。

今後の展開

本格導入が待ちきれない現場からの声に押され、全行での本番運用を目指す。

曽我様、石塚様「HotProfile は直感的に使えます。名刺の登録の仕方さえ覚えて、あとはログインさえできてしまえば問題なく利用できますね」
石塚氏は導入、普及の壁は低く、一度使えば便利さを実感すると感じています。
「広げれば広げるほどメリットが出る仕組みなのはまちがいないと思います。いま試運用している支店からも、もっとたくさんの名刺を登録して、もっとみんなで使いたいという声が出ています」

曽我氏によれば、試運用期間のいまも本格導入を待ちきれない声が上がっています。現在は本格導入に向け、さまざまな調整作業に忙しい日々です。

取材日:2018年3月

営業支援ツール『HotProfile』  名刺管理 SFA マーケティング施策

株式会社 横浜銀行

株式会社 横浜銀行

設立:1920年12月16日
資本金:2,156億28百万円
社員数:4,840人
事業内容: 普通銀行業務預金・貸出・為替・投資型商品の販売業務、金融商品仲介、相続関連業務、投資銀行業務 など多様化するニーズに対する幅広い金融商品・サービスの提供をおこなっています。
URL:http://www.boy.co.jp/


資料ダウンロード、無料トライアル、お問い合わせはこちら

資料ダウンロード無料トライアルお問い合わせ

HotProfile 導入事例 / 株式会社 横浜銀行 様 - 名刺管理、営業支援ツール『HotProfile』

試行運用を開始して、圧倒的な業務効率化を実感!
Face to Face で密度の高い渉外活動に期待。 『HotProfile(ホットプロファイル)』は「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の3つの領域で分断された業務プロセスを有機的に結び付け、セールス&マーケティングのオートメーション化を実現する名刺管理、営業支援ツールです。『HotProfile』を活用することで営業担当者の名刺入力や報告の業務負荷を削減し、人脈を活かした活動や見込み顧客へのアプローチを支援します。また営業企画やマーケティング担当者はホットリードの発掘を促進でき、シームレスに営業へ見込み客を提供できます。経営者にとっては、低コストで「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の各ツールをまとめて導入でき、飛躍的な営業生産性の向上を実現できる、営業支援ツールの決定版です。


HotProfile 導入のススメ

イベント情報

イベント情報

名刺管理コラム

営業支援コラム

ホト田部長

ページ先頭へ

gray
<HotProfile 導入事例 / 株式会社 横浜銀行 様 - 営業支援ツール『HotProfile』>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
プライバシーマーク  ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2018 Hammock Corporation