ウイルス感染の拡大防止対策

ウイルス対策だけでは企業や組織のセキュリティは不十分に。
ウイルス検知から拡散防止までの包括的な対策とは?

背景

一般的にウイルスを検知し駆除できないケースの感染、予防対策としては、ネットワークから外して最新のウイルス対策ソフトで駆除、ウイルス感染源となったUSBメモリからウイルスを削除します。ただし、このような対策をおこなうためには、工数がかかります。したがって多くのクライアントPCを管理する企業や組織では、ウイルス予防対策について、迅速かつ効率的な対応が求められています。


日々増加するマルウェアへの感染、予防対策に工数が増加

ウイルス


ウイルス感染拡大防止対策の課題

ウイルス感染直前の操作が把握できないので感染ルートや原因特定が困難。

問題の発生したUSBデバイスの利用を制限しウイルス感染の拡散を防ぎたいが、
問題のあるUSBメモリの特定ができない。

ウイルス感染したクライアントPCを即座にネットワークから遮断したいが
発見から対応まで時間がかかりウイルス感染が拡大してしまった。


対策に必要な製品

製品 AssetView V AssetView M AssetView G AssetView S


対策フロー

違い

一般的なウイルス対策ソフトウェアは「ウイルス対策」のみに特化しています。
AssetView は感染ルートや感染源の調査ウイルス拡散の防止対策まで包括的な対策が可能です。

ステップ1 感染ルート / 感染源の特定

ウイルス検知状況とあわせて、PC操作ログで直前の操作をチェック V M

PC操作ログからウイルス感染の直前の操作を把握してウイルス感染ルートや感染源を特定します。

画面


ステップ2 ウイルス拡散の防止

問題のUSBデバイスを使用禁止 G

感染したUSBデバイスの利用を禁止します。
利用者が意図せず利用し続けてしまい、他のクライアントPCにウイルス感染を広げてしまうリスクを排除します。

ネットワークの遮断 S

遠隔地や所在が分からないPCでも、企業や組織のネットワークから遮断して事故の拡大を抑制します。 
重大なウイルスの駆除ができなかったクライアントPC、情報漏洩リスクのあるプログラムを頻繁に起動しているクライアントPCなどをネットワークから遮断してウイルス感染の拡大や、情報漏洩リスクを抑制できます。


AssetView の最新資料は、今すぐ無料でダウンロードいただけます。

最新資料ダウンロード お問い合わせ セミナー参加
資料イメージ

ウイルス感染の拡大防止対策|IT資産管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

ウイルス感染の拡大防止対策|IT統合管理ソフトウェア『AssetView』は、さまざまなリスクに対して効果的な情報漏洩対策が可能です。複雑化するセキュリティリスクを顕著化する前に発見。統合的なリスク管理が可能です。今すぐ資料DL【無料】
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

sp 
Page Top