検索
IT資産管理ソフト『AssetView』TOP > こんなお悩みに > マルウェア感染の拡大防止対策

マルウェア感染の拡大防止対策

マルウェア対策だけでは企業や組織のセキュリティは不十分に。
マルウェア検知から拡散防止までの包括的な対策とは?

一般的にマルウェアを検知し駆除できないケースの感染、予防対策としては、ネットワークから外して最新のマルウェア対策ソフトで駆除、マルウェア感染源となったUSBメモリからマルウェアを削除します。ただし、このような対策をおこなうためには、工数がかかります。したがって多くのクライアントPCを管理する企業や組織では、マルウェア予防対策について、迅速かつ効率的な対応が求められています。

マルウェア感染の拡大防止対策に必要な製品

対策フロー

違い

一般的なマルウェア対策ソフトウェアは「マルウェア対策」のみに特化しています。
AssetView は感染ルートや感染源の調査マルウェア拡散の防止対策まで包括的な対策が可能です。

STEP 1感染ルート / 感染源の特定

V Mマルウェア検知状況とあわせて、PC操作ログで直前の操作をチェック

PC操作ログからマルウェア感染の直前の操作を把握してマルウェア感染ルートや感染源を特定します。

画面

STEP 2マルウェア拡散の防止

G問題のUSBデバイスを使用禁止

感染したUSBデバイスの利用を禁止します。利用者が意図せず利用し続けてしまい、他のクライアントPCにマルウェア感染を広げてしまうリスクを排除します。

Sネットワークの遮断

遠隔地や所在が分からないPCでも、企業や組織のネットワークから遮断して事故の拡大を抑制します。重大なマルウェアの駆除ができなかったクライアントPC、情報漏洩リスクのあるプログラムを頻繁に起動しているクライアントPCなどをネットワークから遮断してマルウェア感染の拡大や、情報漏洩リスクを抑制できます。

日々増加するマルウェアへの感染、予防対策に工数が増加

マルウェア

マルウェア感染拡大防止対策の課題

マルウェア感染直前の操作が把握できないので感染ルートや原因特定が困難。

問題の発生したUSBデバイスの利用を制限しマルウェア感染の拡散を防ぎたいが、
問題のあるUSBメモリの特定ができない。

マルウェア感染したクライアントPCを即座にネットワークから遮断したいが
発見から対応まで時間がかかりマルウェア感染が拡大してしまった。


     

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top