検索
IT資産管理ソフト『AssetView』TOP > こんなお悩みに > USBメモリセキュリティ強化対策

USBメモリセキュリティ強化対策

USBメモリの紛失、盗難、ウイルス混入による情報漏洩など、
リスクの高いUSBメモリの管理手法とは?

USBメモリは手軽で便利なツールである反面、紛失、盗難による情報漏洩や、外部から持ち込んだUSBメモリがウイルス感染源になるなど、企業や組織で利用する際はセキュリティ面での課題を数多くもっています。セキュリティポリシーとして「USBメモリの利用を全て禁止する」という運用をするケースもありますが、利便性とセキュリティのバランスがとりづらく運用を継続していくのが難しいのが実状です。 

脆弱性対策に必要な製品

USBメモリセキュリティ強化対策フロー

STEP 1企業や組織内でのUSBメモリ利用制限、重要データの操作ログ管理

Assetview で利用を許可したUSBメモリだけを利用可能にして、個人/機密情報といった重要データの取り扱いなどを操作ログとして取得し管理します。

Gデバイス制御

iPhone、Androidなどのスマートフォンの制御はもちろんのこと、CD / DVD / Blu-ray / FD / SDカード / USBデバイス等 / 共有フォルダ / ポータブルデバイス / MO 等の各種デバイスを制御します。重要データの持ち出しを制限したり、デバイス自体の使用を禁止することでセキュリティ強化を図ります。

画面

M I個人情報、機密情報ファイル操作のログ取得および検知、警告

ファイル操作時にファイルの中身に個人情報、機密情報が含まれていないかをチェックします。個人情報、機密情報が含まれていた場合にはクライアントPCのデスクトップに警告メッセージを表示させて利用者への注意喚起ができます。

図

STEP 2USBメモリにセキュリティ機能を追加、さまざまなシーンで対策

SecureDevice汎用USBメモリを流用できるため高価なセキュリティ機能付きのUSBメモリが不要です。導入 / 運用コストを削減できます。

さまざまなシーンで対策

※InterSafe SecureDeviceは、アルプス システム インテグレーション株式会社の製品です。

USBメモリを取り巻くセキュリティリスク

リスク

USBメモリ利用における課題

USBメモリの紛失・盗難対策をしたい。

許可したUSBメモリだけを利用させたい。

USBメモリへのウイルス混入を防ぎたい。

USBメモリの利用記録を残したい。

安価な汎用USBメモリを有効活用したい。

重要データがUSBメモリに書き込まれていないか把握したい。


     

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top