検索
IT資産管理ソフト『AssetView』 > こんなお悩みに > テレワーク導入のメリット・デメリットと対策|セキュリティ・情報漏洩・労務管理を支援 |IT資産管理ツール・情報資産管理ソフトなら『AssetView』

テレワーク導入のデメリットを解決

テレワーク導入で懸念される問題点は大きく2点あります
"セキュリティリスク" と "労務管理"です

背景

パンデミックの恐怖の中、新型コロナウイルス(COVID-19)対策のため、テレワーク(リモートワーク)を検討する動きが広がっています。働き方改革の施行や、2020年夏の東京オリンピックなども見据えて、注目を集めるテレワーク。
テレワークの導入を検討するも、メリット・デメリットが判然とせず、二の足を踏む企業も多いかと思います。
不安な点や問題点をどう解決するのか。テレワーク導入のデメリット解決例をご紹介します 。 

テレワーク導入デメリットを解決する

■3つのセキュリティリスク

・テレワーク端末の紛失 Assetview MDM:PC紛失対策
社外に持出すPCの紛失があったら...考えただけでもゾッとしますよね。紛失時の対策をしっかりとることで、安心安全に働くことは会社にとっても社員にとっても嬉しいことです。
・テレワーク中の情報漏洩 Assetview M:PC操作ログ管理Assetview G:デバイス制御
持ち出しが禁止されている、企業・個人情報が流出!故意ではなくとも起こってしまう事故は少なからずあるかと思います。不正操作...は考えたくはないですが、こちらもあり得ない話ではありません。
事前に"事故(漏洩)を起こさない対策"ができれば一番ですよね。
・ウイルス感染 Assetview V:ウイルス対策Assetview P:PC更新管理
ウイルスの脅威は治まることなく襲ってきます。セキュアな環境を整える、脆弱性予防、ウイルス検知、そして予防のための調査と、徹底的にウイルスと戦います!

■労務管理:管理する側、される側の心配は"見える化"

・実勤務時間の把握 Assetview M:業務ログ監視
・テレワーク中の情報漏洩 Assetview D:PC強制シャットダウンAssetview A:社内アナウンス表示
生産性が確保されるのか...勤務状態はどう把握したらいいのかと心配の管理職。さぼっていると思われたら...正当に評価されなかったら...と心配する部下。業務時間の可視化と働き過ぎをお知らせすることでお互いに健全な働き方を!

AssetViewシリーズでの解決策 ~オフィスとつなぐテレワークシステム~

会社からノートPCを個人に付与(持ち出しPC)している場合はこちらがオススメ

持出PCでテレワーク図

持出PCでテレワーク図


AssetViewの詳しい機能をご紹介!今必要なものだけを選んでセット!

持ち出しPCでテレワークの場合に必要なとなってくる機能はコチラ

 セキュリティ

Assetview MDM:PC紛失対策 いざって時に対応できる、あると強い味方。遠隔操作でPCをロック。情報漏洩を防ぎます。

PC紛失時の対処

  • 位置情報確認
  • リモートロック
  • リモートワイプ
Assetview MDM:PC紛失対策 イメージ

Assetview M:PC操作ログ管理 不正なメールやアプリの操作がないかなど、リアルタイムで業務操作ログを収集。管理。労務管理も可能!

業務中のPC操作ログ取得

  • Webアクセス
  • ファイル/アプリ操作
  • メール 等
Assetview M:PC操作ログ管理 イメージ

Assetview G:デバイス制御 PCへの不要な許可のないデバイス接続を禁止することで、情報(漏洩)事故を起こさせない事前対策を。

ファイル持ち出し制御

  • USBデバイス接続禁止
  • スマートフォン接続禁止
  • 共有フォルダ接続禁止
Assetview G:デバイス制御 イメージ

Assetview V:ウイルス対策 高い検知力のカスペルスキーエンジンを採用。第三者評価機関から最高評価を受賞!法人向け。

ウイルス検知・駆除

  • 最新パターンファイル更新
  • ウイルス検知/駆除/隔離
  • 検知アラート
Assetview V:ウイルス対策 イメージ

Assetview P:PC更新管理 面倒なセキュリティアップデートをかんたん管理。脆弱性を突いた攻撃からPCを守る!

セキュリティアップデート

  • 機能更新プログラムの適用
  • 品質更新プログラム適用
  • 3rdパーティパッチ適用
Assetview P:PC更新管理 イメージ

 

 労務管理

Assetview M:業務ログ監視 業務中に不正な操作がないか、リアルタイムで操作ログを管理。同時にセキュリティ対策も可能!

業務中のPC操作ログ取得

  • PCログオン/オフログ
  • 未稼働時間の確認
Assetview M:業務ログ監視 イメージ

Assetview D:PC強制シャットダウン 働きすぎの防止。定時刻のタイミングでPC強制シャットダウン。またはアラートメッセージ通知で従業員の遠隔でもサービス残業を抑止!

時間外業務の制御

  • PCシャットダウン
  • メッセージ配信
  • スケジュール設定
Assetview D:PC強制シャットダウン イメージ

Assetview A:社内アナウンス表示 重要な社内アナウンスはデスクトップ上に固定で表示。社外にいる従業員だからこそ、社内情報共有を徹底!

社内通知の画面表示

  • デスクトップ固定表示
  • グループ別表示切替
Assetview A:社内アナウンス表示 イメージ

足りないものを単体購入可能なので、今必要なものだけを選んでセット!

テレワーク導入の課題解決!AssetViewシリーズを詳しく知りたい。 資料(無料)ダウンロードする
どの機能が必要?今自社に必要なAssetViewの機能を相談したい。 問い合わせをする

その他の対策ケース:在宅・個人PCでリモートデスクトップ方式のケース

会社ではデスクトップPCを使っており、自宅の個人PCからリモートでテレワークをする場合はこちらがオススメ

リモートデスクトップでテレワーク図

リモートデスクトップでテレワーク図


 セキュリティ

Assetview D:PC設定制御 クライアントPCを回らずに一括したポリシー適用が可能!定期的にセキュリティパッチをインストール。

PC設定の一括変更・制御

  • レジストリ/INIファイル修正
  • 電源/スクリーンセーバ設定
Assetview D:PC設定制御 イメージ

 労務管理

Assetview M:業務ログ監視 業務中に不正な操作がないか、リアルタイムで操作ログを管理。同時にセキュリティ対策も可能!

業務中のPC操作ログ取得

  • PCログオン/オフログ
  • 未稼働時間の確認
Assetview M:業務ログ監視 イメージ

Assetview D:PC強制シャットダウン 働きすぎの防止。定時刻のタイミングでPC強制シャットダウン。またはアラートメッセージ通知で従業員の遠隔でもサービス残業を抑止!

時間外業務の制御

  • PCシャットダウン
  • メッセージ配信
  • スケジュール設定
Assetview D:PC強制シャットダウン イメージ

Assetview A:社内アナウンス表示 重要な社内アナウンスはデスクトップ上に固定で表示。社外にいる従業員だからこそ、社内情報共有を徹底!

社内通知の画面表示

  • デスクトップ固定表示
  • グループ別表示切替
Assetview A:社内アナウンス表示 イメージ

ご利用のOS、ネットワーク環境によって手法・効果は異なります。詳細はお問合せください。

問い合わせをする


まとめ

低コストからスタートして快適に!

 

不安・課題・問題点は企業(業種)によってさまざまです。AssetViewの特徴である、単体購入が可能な理由はそこにあります。
ひとつひとつの問題解決に向けて、必要な機能だけを選べるオーダーメイド。パーケージタイプとは異なる低コストで高いパフォーマンスを実現します。もちろんAssetViewを中心に統合管理もできるので運営も楽に快適に!
AssetViewは、"ハンモック"に揺られているような快適な時間をお届けする"ビジネスサポートツール"です!


テレワークパック for クラウド

AssetView の最新資料は、今すぐ無料でダウンロードいただけます。

最新資料ダウンロード お問い合わせ セミナー参加
資料イメージ

テレワーク導入のメリット・デメリットと対策|セキュリティ・情報漏洩・労務管理を支援 |IT資産管理ツール・情報資産管理ソフトなら『AssetView』|IT資産管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

テレワーク(リモートワーク)の導入デメリットの解決方法をご紹介。テレワークで懸念されるセキュリティリスクと労務管理の問題をAssetViewで対応。テレワークシステムと必要な機能の一覧です。まずは試しに低コストでスタートしたい企業にもおススメ。 今すぐ資料DL【無料】
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

sp 
Page Top