ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


情報漏洩対策

日々増え続ける情報漏洩のリスク。

情報漏洩対策の鍵を握る
「エンドポイント対策」


インターネット経由の情報漏洩は経営に大打撃を与える

インターネットを経由した個人情報の漏洩件数は、ますます増え続けており、1件あたりの損害額は6億円以上にもなります。
紙やUSBメモリのような媒体による情報漏洩は防ぎやすいのに対して、コンピューターウイルスや不正アクセスなど、インターネット経由での事故は防ぎづらく、情報漏洩件数も多くなっています。
しかも、インターネット経由の情報漏洩は気づかないまま長期間継続し、大規模になりやすいため経営に大打撃を与えることも・・・。

■個人情報漏洩インシデント トップ10

No. 漏えい人数 業種 原因
1 679万人 生活関連サービス業、娯楽業 ワーム・ウイルス
2 98万人 情報通信業 不正アクセス
3 81万人 電気・ガス・熱供給・水道業 紛失・置き忘れ
4 64万人 情報通信業 不正アクセス
5 58万9463人 情報通信業 不正アクセス
6 42万8138人 情報通信業 不正アクセス
7 42万1313人 卸売業,小売業 不正アクセス
8 35万人 生活関連サービス業、娯楽業 不正アクセス
9 21万9025人 卸売業,小売業 不正アクセス
10 21万人 電気・ガス・熱供給・水道業 管理ミス

※2017年6月 NPO法人日本ネットワークセキュリティ協会
 「2016年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」より

トップ10のうち8件が
インターネット経由の
情報漏洩

1日に
約1.3件の
漏洩事件発生!

日本の9人に1人、
約1,400万人分の
個人情報が漏洩!

1件あたりの
損害賠償額は
なんと6億円!


紙やUSBメモリのような媒体による流出

防ぎやすく犯人も特定しやすい

インターネット経由の情報漏洩

気づかないまま長期間継続し
件数も多くなり経営に大打撃も・・・



情報漏洩防止の鍵を握るのは、PC・スマホなどの「エンドポイント」!

情報漏洩を防止するために極めて重要とされるのが、「エンドポイント対策」です。これを身近な例にたとえてみましょう。

オフィスの重要書類を守るには?

泥棒からオフィスのキャビネットに保管されている紙の重要書類を守るには、玄関、廊下、居室ドアなど何カ所ものポイントで施錠・監視を行い、セキュリティを高めることが重要です。さらに、キャビネットには重要書類が保管されているため、その施錠は最重要となります。これが「エンドポイント」の対策といわれるものです。

オフィスの重要書類を守るには?

サイバーセキュリティの場合には?

ウイルスや不正アクセスからデータを守るには、インターネットとの境界、内部ネットワークなど複数の層で「施錠や監視」を行い、サイバーセキュリティを強化することが重要です。

その中でもエンドポイントと呼ばれる「PC、タブレット、スマートフォン」は大量の機密情報を持っています。また、社外に持ち出すことも多いため、サイバーセキュリティ上の弱点となりやすく、エンドポイント対策が情報漏洩防止の鍵を握るとされています。

サイバーセキュリティの場合


エンドポイント対策で必要となる3つの対策!

エンドポイントとなる端末では、多種多様なプログラムが動いています。その中に1つでも悪意を持って作られたプログラム、つまりコンピュータウィルスが紛れ込むと、「大量の情報」を抜き取られて知らぬ間にネットを通じて外部に送信されてしまいます。

そのため、下記のような対策が必要となります。

セキュリティを高めるための3つの対策

鍵をかける
オフィスのドアや窓に
鍵をかける
↓

脆弱性対策

サイバーセキュリティの穴=
脆弱性(ソフトウェア欠陥)
があった場合、
見つかり次第解消する!

犯罪歴がないか確認する
出入りする人に
犯罪歴がないか確認する
↓

ウイルス検知

プログラムの犯罪歴が
ないことを確認する

怪しい動きをしている人を排除
監視して怪しい動きを
している人を排除する
↓

振る舞い検知

怪しい動きをしている
プログラムを検知して
対策を行う!

こうした対策が行われていなければ、
鍵のかからないオフィスで仕事をしているのと同じこと!


エンドポイント対策は、なぜ難しい?

情報漏洩を防ぐために決定的に重要なエンドポイント対策ではありますが、一方でそれが難しいのも現実。リスクを下げるためにはネットワークに接続するすべての端末のOSとすべてのアプリケーションの脆弱性を完全に解消する必要があります。さらに、ウイルスは日々増殖し続け、未知のウイルスも発生しているため、情報漏洩の被害を完全に防ぐことはできません。

既知のウイルスも、
未知のウイルスにも対応しなければ...

犯罪歴がないか確認する
社員のPC・スマホは数が多く、使用アプリも多岐にわたり、管理しきれない...


今や、情報漏洩を完全に防ぐことは難しい
そこで...


脆弱性対策支援と振る舞い検知で、エンドポイント対策をレベルアップ!

「脆弱性解消」と「未知のウィルス」の対策を強化することができれば、情報漏洩のリスクを大きく下げることができます。「AssetView」なら、エンドポイント対策をレベルアップできます!

手軽に実現できるエンドポイント対策なら、「AssetView」!
詳しくはこちら


AssetView の資料ダウンロード、お問い合わせはこちら

自社導入の方向け 資料請求販売店の方向け 資料請求お問い合わせ

情報漏洩対策の鍵を握る「エンドポイント対策」|IT資産管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

情報漏洩対策の鍵を握る「エンドポイント対策」|IT統合管理ソフトウェア『AssetView』は、さまざまなリスクに対して効果的な情報漏洩対策が可能です。複雑化するセキュリティリスクを顕著化する前に発見。統合的なリスク管理が可能です。今すぐ資料DL【無料】
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

イベント情報

イベント情報

イベント情報

イベント情報

コラム

アービーのご紹介

メールマガジン

ページ先頭へ

gray
<情報漏洩対策の鍵を握る「エンドポイント対策」 - AssetView>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク  ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2018 Hammock Corporation