検索
IT資産管理ソフト『AssetView』TOP > こんなお悩みに > 自動暗号化で実現する情報漏洩対策

自動暗号化で実現する情報漏洩対策

情報管理のルールが守られずに情報漏洩につながる「管理ミス」が多発。
必要な対策とは?

情報漏洩対策では、ルールや教育により利用者のセキュリティ意識を高め業務にあたることが重要です。
情報漏洩の主な原因は、「人為的要因」が多くを占めており利用者の自主性だけに任せるのは難しいのが現状です。ルールや教育が未整備で発生した問題や事故は継続して整備していくとともに、システムで対応できる箇所については強制力のある管理が必要です。

情報漏洩対策に必要な製品

対策フロー

STEP 1情報漏洩を意識してファイル暗号化の利用フローを確立する

K手動で暗号化

指定したフォルダーにファイルを保存するだけで暗号化します。あらかじめ設定したファイルへの制御ポリシーでファイルが制御できます。

図

K自動で暗号化

メールに添付したファイルを自動で暗号化します。パスワードも後から自動で送信されます。

図

M K自動で暗号化

USBデバイスにファイルを保存した際に自動で暗号化してファイルを守ります。

図

STEP 2個人情報、機密情報ファイルを自動で暗号化する

I K個人情報、機密情報の棚卸し時に自動でファイルを暗号化して守る

暗号化

M I K個人情報、機密情報ファイル操作時に自動でファイルを暗号化して守る

暗号化

情報漏洩対策 製品情報

自動暗号化でファイルの受け渡しリスクを解消。ファイルが流出しても『追跡』して『削除』。「個人情報や機密情報(重要ファイル)に関して特に高度な情報漏洩対策を行う」「外部へ持ち出したファイルの証跡管理を行う」「情報漏洩事故が発生しても、遠隔から情報を削除する」といった対策が可能です。

「セキュリティパッケージ」は、個人情報漏洩対策に特化した3つのソフト、PC操作ログ管理『AssetView M』、個人情報検索『AssetView I』、デバイス制御『AssetView G』をセットにした、お得なパッケージです。ファイル暗号化『AssetView K』の追加で、さらに高セキュリティな個人情報漏洩対策が可能。

情報漏洩の主な原因

下記のグラフからもわかる通り、「紛失・置忘れ」や「誤操作」、「管理ミス」など、『人』による情報漏洩が約7割を占めています。

人的要因が情報漏洩の約7割

~ 情報漏洩の原因 ワースト3 ~

  1. 紛失・置忘れ … 116件(26.2%)
  2. 誤操作 … 109件(24.6%)
  3. 不正アクセス … 90件(20.3%)

グラフ

漏えい原因比率(件数)
出典:日本ネットワークセキュリティ協会 2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】


情報漏洩対策の課題

利用者がかんたんに利用できる情報漏洩対策を導入したい。

利用者が意図せず外部に情報漏洩してしまうリスクを減らしたい。

セキュリティの強化が業務効率を妨げないように、
個人情報、機密情報が含まれる重要な情報だけを保護したい。


     

すぐわかる!
AssetView資料セット

AssetView資料セット

組織内のクライアント PC の情報を収集する機能+クライアント PC の設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策でシステム管理の課題を解決!

  • お電話でのお問い合わせも受付中

    平日 9:00〜12:00|13:00〜17:00(弊社休業日を除く)

  • 0120-922786

    03-5291-6121

    携帯電話からは 03-5291-6121

    固定電話からは 0120-922786

sp 
Page Top