ログイン情報の取得(ID監査)

ID監査

ログイン情報を取得し、
不正ログインやなりすましログインをチェック。

さまざまなシステムやアプリケーションに使用するIDは、
管理者の知らないところで共有が行われていたり、不正に使用されていることがあります。
ID監査機能では、対象のシステム名やログイン情報を取得できるため、
不正ログインの監査やID監査に役立ちます。


ログイン情報を自動で取得

クライアントPC上から、取得対象としたシステムや業務アプリへのログイン情報を取得します。

イメージ


一目でログイン情報の把握が可能

取得したログイン情報は、管理コンソールでかんたんに把握できます。

あらかじめアラート(業務時間外ログイン、指定回数超過ログイン、業務対象外グループログイン)を設定しておくことで、
アラート表示も可能です。

イメージ


ログイン情報のアラート設定

運用に合わせて、ログイン情報のアラート設定を行うことが可能です。

●勤務時間外アラート
業務時間を設定することで、設定した業務時間外にログインがあった場合にアラート表示されます。

●操作回数アラート
一日に設定した回数以上の操作があった場合にアラート表示されます。

●所属グループアラート
業務対象グループを設定することで、設定した所属グループ以外のクライアントPCからログインがあった場合にアラート表示されます。


イメージ


AssetView の最新資料は、今すぐ無料でダウンロードいただけます。

最新資料ダウンロード お問い合わせ セミナー参加
資料イメージ

ログイン情報の取得(ID監査)|IT資産管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

『ログイン情報の取得(ID監査)』のページです。IT資産管理やライセンス管理をご検討ならハンモックの『AssetView』にお任せください。PC管理の課題を『統合管理』でまとめて解決します。今すぐ資料DL【無料】
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

sp 
Page Top