USB制御と申請機能

デバイス制御

社内のUSBデバイスを管理、制御。
使用申請機能はネットワーク外からも申請可能。

USBデバイスを使用することで、個人情報や機密情報などの重要情報を大量に持ち出すことが可能です。
また、管理ミスによる情報漏洩リスクもあり、今後USBデバイスのセキュリティ対策は必須と言えます。

デバイス制御機能『AssetView G』は、
社内に存在するUSBデバイスはすべて管理・制御、使用の証跡管理まで実現し、情報漏洩を防ぎます。

また、使用者のUSBデバイス使用申請機能で、スムーズな運用を実現します。
さらに、ワンタイムパスワードの設定が可能で、ネットワーク外からもUSBデバイスの使用申請ができます。
実際の運用を見据えた機能が満載です。


メディアを識別した制御を実現

個々のメディアを識別して個別に制御することができます。

メディア識別


デバイス制御の影響を受けない特権ユーザーの定義が可能

Active Directory 上の「役職」情報からデバイス制御の影響を受けない特別な権利を持ったユーザー(特権ユーザー)の定義が可能です。システム管理者、部門のUSBデバイス管理者はデバイス制御をしない柔軟性の高い運用が可能です。


通信デバイス制御(Bluetooth接続)

BluetoothスマートフォンとPC間のデータ通信に使われるBluetooth接続も
PC側で使用を制御することができます。


デバイス使用申請で柔軟でよりセキュアな運用を実現

デバイス制御ポリシーで使用が禁止されているデバイスも申請機能で使用することができます。
ユーザーごとに使用するデバイスを管理者に申請することで期間や制御内容、
さらには使用時の『自動暗号化』までを指定した使用申請、承認が可能です。

メディア識別

| 前へ |

AssetView の最新資料は、今すぐ無料でダウンロードいただけます。

最新資料ダウンロード お問い合わせ セミナー参加
資料イメージ

USB制御と申請機能|IT資産管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

『AssetView G』USB制御と申請機能|スマートフォンやUSBデバイスの利用を制御。デバイス制御により個人情報などの重要情報の持ち出しをストップ。申請、承認機能を使って許可したデバイスだけ利用可能に。今すぐ資料DL【無料】
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

sp 
Page Top