ハンモック ホーム » 事業案内 » AssetView(アセットビュー)» ご購入前のFAQ » D - アプリケーション配布 » Q.077 『プログラムの実行』する際の成功率を高める仕組みはありますか?

ご購入前のFAQ

[ D - アプリケーション配布|仕組み/仕様について ]


Q.077 『プログラムの実行』する際の成功率を高める仕組みはありますか?


あります。

プログラムの実行を行う際に「成功率」は重要です。
コンピューターの状態によってはタスクがうまくいかないタイミングもあります。
できるだけ早く、確実に成功させる仕組みが AssetView D にはあります。


仕組みの一例

・豊富な実施条件の設定機能

 AssetView A のインベントリ情報を使って実施する条件を決めます。

 <一例>
  特定のアプリケーションのインストール状況による条件判定
  特定のレジストリ値、ファイルの有無による条件判定
  特定のグループに所属するマシンのみを対象

 <マシン上では実行時にさらに細かな条件設定も可能>
  ディスク空き容量が指定した容量以上あるかどうかの条件判断
  任意のボタンの表示・非表示による条件判断
  ウィンドウのタイトル名による条件判断
  クリップボードの文字列による条件判断
  ダイヤルアップ接続による条件判断
  2つの文字列比較による条件判断
  ファイルサイズによる条件判断
  指定座標の色による条件判断
  CPUの負荷率による条件判断
  URLによる条件判断
  等々・・


・成功と判定する条件の設定する機能

 実行後、指定時間を経過したあとに成功条件を満たしたかのチェックをします。
 成功した際、シャットダウン、再起動をするといったストーリーのある設定も自由自在です。


・スケジュール機能

 失敗していた場合のみ繰り返し実行する、実行結果に関わらず1回だけ成功する、
 といったスケジュールと後続のタスクを組み合わせて多様な条件分岐によって
 タスク成功率が高まります。

更新日:2014年05月30日


次のページ前のページ



sp 
Page Top