Remark Office OMR Ver.5.5 - ご購入前のFAQ

更新日:2010年07月21日

Q57. 旧バージョンからVersion 7へバージョンアップする際の注意事項は?

○Remark Office OMR Version 7 評価版で、動作の確認を行ってください。

 一部の制限はございますが、機能は製品版と変わりませんので、
 ご購入前に必ずRemark Office OMR Version 7 評価版にて
 ご要望が実現できることをご確認ください。


○旧バージョンとは別のPCにインストールしてください。

 Remark Office OMR Version 7(製品版/バージョンアップ版/評価版)はRemark Office OMRの
 旧バージョンがインストールされているPCとは別のPCにインストールしてください。

 旧バージョンのRemark Office OMRがインストールされているPCにVersion 7をインストール
 すると、旧バージョンのRemark Office OMRが使えなくなります。
 Version 7をアンインストール後、再度旧バージョンをインストールしても同様です。


○旧バージョンのテンプレートファイルおよびイメージ画像をバックアップしてください。
 
 旧バージョンで作成したフォームテンプレートはバックアップを取ってください。
 Remark Office OMR Version 7 Template Editorは、旧バージョンで作成した
 フォームテンプレートを開くことができますが、
 旧バージョンのフォームテンプレートを自動的に新バージョンに変換します。
 フォームテンプレートファイルは、上位バージョンのみ互換性がありますので、
 新バージョンに変換すると、旧バージョンでは開くことができなくなります。


【Version 5.5でのバックアップ方法】

 ◎テンプレートファイル・・・初期設定ではRemark Office OMRインストールフォルダ内の
               「Templates」というフォルダーに保存されます。

 ▼Windows XPでの保存先初期設定
  C:\Program Files\Principia Products\Remark Office OMR 5\Templates

  ※テンプレート名が付いているファイルのすべてが対象です。
   また、拡張子が異なるファイルが複数ございますのでご注意ください。


 ◎イメージファイル・・・・・初期設定ではRemark Office OMRインストールフォルダ内の
               「Image」というフォルダーに保存されます。

 ▼Windows XPでの保存先初期設定
  C:\Program Files\Principia Products\Remark Office OMR 5\Images

  ※初期設定以外の場所にファイルを保存した場合には、そちらもバックアップを取ってください。



ページ先頭へ

sp 

ページ先頭へ

<その他 - Q57. 旧バージョンからVersion 7へバージョンアップする際の注意事項は?>
IT資産管理、ライセンス管理などの法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】をご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、ライセンス管理、セキュリティ対策、名刺管理、リードナーチャリング、FAXサーバー、高精度OCR、マークシート処理などの、法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。IT資産管理、ライセンス管理、名刺管理や営業支援、FAXサーバーやOCRまで、オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
IT資産管理やライセンス管理のことなら
株式会社ハンモックにおまかせください
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation