ハンモック ホーム » Remark Office OMR » FAQ » 機能について

Remark Office OMR Ver.7/8/9 - FAQ

更新日:2017年03月14日

対応バージョン:7、8、9
Q07. Remark はどんなものを認識できますか?

光学式マーク(小さな楕円や○)と各種バーコード、印刷されたテキストを認識することができます。

対応バーコードの一覧

•Code 3 of 9(Code 39):英数字
•Interleaved 2 of 5:数字
•Codabar:数字
•PDF 417:2D、英数字
•Data Matrix:2D、英数字
•QR Code:2D、英数字
•Code 11:数字
•Code 128:英数字
•Code 93:英数字
•EAN 13:数字
•EAN 8:数字
•UPCA:数字
•UPCE:数字

手書き文字は認識することはできません。
Remark Office OMR で読み取りができない部分は、イメージクリップ(切り取った画像ファイル)を保存する方法、もしくは、データを手動入力する方法でデータを取得することができます。

※ご購入前に必ず 評価版 をお試しください。
私共では、ご運用に沿う製品であることを実際にお試しいただけるよう、 一部の制限はございますが、製品版と同等の無償の評価版をご用意しております。 実際にお使いになる用紙を取り込んで、認識結果を確認いただくことが可能です。

※認識精度の保証はできません。
Remark Office OMR は100%の認識精度を保証することはできませんが、特定の条件を満たした場合、安定した認識精度を得ることができます。詳細はハンモックHPの Remark Office OMR FAQ「Q17. Remark 用の帳票を作成しようと思うのですが、帳票を作成する際に何か注意点はありますか?」をご確認ください。なお、これら条件を満たしていても、読み取り対象である文字のフォントタイプ、イメージの濃度やノイズ/汚れ/かすれ等の有無、歪みや傾き、縮小により、十分な認識精度が得られない場合がございます。予めご了承ください。


ページ先頭へ

sp 

ページ先頭へ

<Q07. Remark はどんなものを認識できますか? - 機能について>
IT資産管理、ライセンス管理などの法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】をご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、ライセンス管理、セキュリティ対策、名刺管理、リードナーチャリング、FAXサーバー、高精度OCR、マークシート処理などの、法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。IT資産管理、ライセンス管理、名刺管理や営業支援、FAXサーバーやOCRまで、オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
IT資産管理やライセンス管理のことなら
株式会社ハンモックにおまかせください
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2017 Hammock Corporation