ハンモック ホーム » 事業案内 » DEFACT »  OCRソフト『TeleForm』 » 特許技術高精度エンジン WOCR(ダブルオーシーアール)

OCRソフト『TeleForm』

特許技術OCRエンジン WOCR(ダブルオーシーアール)

OCRソフト『TeleForm』は特許技術(特許第5464474号)のOCRエンジン「WOCR」を標準搭載しています。 高精度な文字認識率だけでなく、データエントリー業務の生産性向上を実現します。

従来OCRソフトの課題を解決

従来のOCRソフトには「誤読文字」という大きな課題がありました。「誤読文字」とは、OCRソフトが「文字認識結果の精度が高いため、確認は不要」と判断したにも関わらず、誤って読み取っていた文字のことを指します。例えば、受注業務でこの「誤読文字」が発生してしまうと、受注数量や発注金額あるいは納期などに誤ったデータが発生してしまい、取引先との信用問題にかかわる事態を引き起こしてしまいます。

従来OCRソフトの利用者は、このようなトラブルを回避するため、OCR結果と注文書を人手によって間違いがないか全件チェックする運用をするようになっていました。 その結果、OCRソフトを導入したにもかかわらず、かえってデータエントリー処理に手間がかかってしまい、OCRソフトを利用しなくなってしまうのです。

OCRソフト『TeleForm』に標準搭載された、特許を取得したOCRエンジン「WOCR(ダブルオーシーアール)」(特許第5464474号)は、特性の異なる2つのOCRエンジンを組み合わせ、それぞれの処理結果を照合することでより高精度な結果(誤読率わずか0.014%)を導き出すことを可能にしました。 これにより、従来OCRソフトの課題であった「誤読文字」を最小限に低減することができます。※ハンモック調べ


高精度を実現する仕組み

5シグマの品質を実現

「WOCR(ダブルオーシーアール)」は、ひとつの手書きイメージに対して処理結果の特性が異なる2つのOCRエンジンが処理し、「それぞれの処理結果を照合し、結果が一致した場合のみ正しい結果」として採用されるため、より高精度な結果を得ることができます。不一致だった場合、あるいは一致した場合でも精度が低いと判断した場合にオペレーターによる確認修正処理を行います。これにより誤読データの生成を未然に防ぐことができます。

▼高精度な認識率を実現する仕組み
高精度な認識率を実現する仕組み

  ●特性が異なる2つのOCRエンジンを使用
 例)「手書き文字4は認識するが、手書き文字1を7と誤認識する傾向のある第1エンジン」と
         「手書き文字1は認識するが、手書き文字4を8と誤認識する傾向のある第2エンジン」を
         使用

  ●照合して一致した部分は高精度:特製の異なるエンジンが同じ結果⇒非常に精度が高く、
    確認・修正が不要

  ●2つの結果が不一致だった箇所だけ人手により確認/修正⇒オペレーター作業量を削減

 ※「WOCR」はOCRソフト「TeleForm」に標準搭載されています。


認識率向上で業務コスト削減を実現

OCRソフトに標準搭載されている「WOCR」によって処理された結果はすでに5.xシグマ(5シグマ以上、6シグマ未満)という高精度な品質であり、見直す必要がないため、オペレーターによるデータ入力や確認・修正業務などの人手の作業が発生する業務を削減でき、結果として人件費を大幅に削減することが可能です。限りなく100%に近い高精度な信頼性のデータは、従来OCRソフト運用にありがちな全件目視チェックする必要がなくなり、作業コスト削減を実現します。

  • 5シグマの品質は信頼性や精度が高くチェックの必要がないため、
    オペレーターによる確認/修正作業を大幅に削減できます。
  • オペレーターによる確認/修正作業も全体の約25%程度なため、
    業務の作業スピードを向上させることができます。
  • キーボードエントリーやOCRソフトなどの一般的なデータエントリーと比べて人件費を1/8に削減することができます。

シグマ(σ)とは

シグマとは

シグマとは、統計学用語で標準偏差(ひょうじゅんへんさ)のことであり、平均からの「バラツキ」を示すものです。具体的には、6シグマ(シックスシグマ)では100万回に3、4件のエラーが起こる確率を表し、5シグマでは233件、4シグマでは6240件のエラーとなります。 6シグマとは、本来の統計学上6σとは異なる数字であり、ビジネスにおけるあらゆるエラー・欠陥を100万分の3~4の確率以内に抑えるシステム・プロセスを構築しようというものです。

※統計学上は6シグマの値の出現頻度は『100万分の3.4』でなく『10億分の1』である。
 『100万分の3.4』の出現頻度は4.5シグマに相当するが6シグマの開発元であるモトローラの経験則に基づいている。

 ページ先頭へ


一般的なデータエントリーとのコスト削減比較

高精度な品質でコスト削減

当社の検証では「WOCR」の精度により全体の75%がこの「信頼性の高い結果」として導き出されました。これにより、オペレーターによる確認/修正が必要なデータは全体の25%程度になることが実証されました。
つまり、5シグマという高精度な品質を保ちつつ、人件費を25%に抑えることができるのです。これは「キーボードエントリー+目視検査」や「キーボードダブルエントリー」など2人がかりでの作業と比べ、精度を高めつつ人件費を1/8に抑えることができるのです。

▼文字認識判定のロジック
WOCR

  ●全体の75%はチェックの必要がない
         両方の結果が一致したデータは、5.xシグマという高精度なデータであり
         信頼性は限りなく100%に近いため、チェックの必要がありません。  

  ●要再検査対象は全体の25%
         両方の結果が不一致の場合はオペレーター処理に回します。
         両方の結果が一致していてもいずれかの信頼性が低い場合はオペレーター処理に回します。

要再検査対象を効率的に確認・修正するための技術、高速ベリファイ機能

ベリファイ OCRソフト「TeleForm」の機能の一つである「TeleForm Verifier」の高速ベリファイ機能は、確認・修正すべきひとかたまりの伝票(バッチ)の中で要再検査対象となった文字だけを切り出し、その画像を一文字ずつ並べて確認をする機能で、右の画面のように画像と誤認識結果を一文字ずつトランプのカードのように並べ、「正しい」と確認できたら、Enterキーで次に進むという確認・修正機能で、きわめて高速に確認作業ができます。 もし正しいと確認できない場合は保留とし、あとで保留分だけの文字を該当するフィールドの画像で確認するか、伝票の画像全体を見て確認するかという順で、確認・修正作業を行うことができます。 この方法であれば、確認・修正作業は従来より50%程度の生産性向上が可能となります。 高速ベリファイ機能詳細はこちら

品質とコスト削減の比較

コストをかけない「シングルOCR」では入力データ結果の品質が低く、精度や品質をある程度確保できる「キーボードダブルエントリー」では人件費が高くなってしまいます。 また、従来OCRソフトの運用によくみられる「シングルOCR+全件目視チェック」でも「データ確認修正処理オペレーター」と「目視チェック作業オペレーター」が必要になり、やはり人件費がかかってしまいます。

▼一般的なデータエントリーとの比較
比較

データエントリー業務では正確性が求められますが、それを追及するがゆえにコストを度外視した対応をしてしまい、結果的に残業代など不要なコストが発生してしまうことがあります。
従来のOCRソフトとは異なり「WOCR」は精度が非常に高いため、OCRソフト処理結果の全件チェックをなくし、結果的に人件費や作業時間を削減することができるのです。

実際に、この「WOCR」を標準搭載しているOCRソフト「TeleForm」ご利用いただいている企業様では、人件費の削減や作業時間の短縮などデータエントリー業務の生産性が向上しております。これまでのOCRソフトの課題がどのようなものであり、それをどのようにOCRソフト「TeleForm」で解決したか、事例をご紹介します。


 ページ先頭へ

OCRソフト「TeleForm」導入事例【1】

担当者
利用用途FAX注文書入力

ハンモック主催のセミナーでご紹介したOCRソフト『TeleForm』の「WOCR」の製品コンセプトである「脱OCR結果の再チェック」に共感していただき、ご検討いただきました。
導入前にオペレーターが1時間に処理する業務量を検証していただき、データエントリー業務の生産向上が図れることが分かり導入を決定していただきました。 将来の事業拡大を想定し、冗長化や拡張性があることもご採用いただいたポイントになりました。

お客様の声

●誤読率が低減したことで、オペレーターの確認・修正処理件数は随分少なくなったと実感しています。
   その確認や修正のやり方を運用に合わせて使い分けている点も業務効率化に繋がっていると思います。
●注文書をOCR帳票として作成していますが、この帳票作成が非常に簡単でした。
   類似の帳票があればコピーして再利用できるので、導入時にかなりの工数を削減できました。

OCRソフト「TeleForm」導入事例【2】

担当者
利用用途配送伝票

自動車・二輪を製造販売するスズキグループの物流管理会社である「スズキ輸送梱包」様で輸送伝票のデータ化にOCRソフト『TeleForm』の「WOCR」をご導入いただきました。 活字と手書きが混在している輸送伝票のデータ化に他社のOCRソフトを活用していましたが、認識率をアップして欲しいという社内からの強い要望と、上層部からの「省人化が図れる部分は省人化するように」との指示により、複数のOCRソフトで実伝票1,000通をテスト比較し、OCRソフト『TeleForm』をご採用いただきました。

お客様の声

●活字の読み取りテストでは認識率100%という結果がでました。認識率は100%にはならないだろうと
   思っていたので、この精度には非常に驚きました。
●導入してまだ数ヶ月ですが、これまで2名で行っていた輸送伝票のスキャン・確認作業を、
   導入後は1名で運用することができるようになりました。
●OCRソフト「TeleForm」の導入時に関係者向けに説明会を開いてくれるなど、細やかな対応に感謝して
   います。

特許技術高精度OCRエンジン WOCR(ダブルオーシーアール)|OCRソフト TeleForm

記入された帳票を、FAX・スキャナーからイメージデータで受け取り、受け取ったフォームの歪みを自動修正し、活字/手書き文字のデータを独自開発の特許技術により、かつてない高精度な文字認識を実現します。誤読率わずか0.014%という高い認識率で「誤読文字」を低減、のデータエントリー業務の生産性を向上しコストを削減を実現する業務向けのOCRソフトウェアです。
FAXやスキャナーからのデータを効率的に処理するトータルサポートシステムとして、全米でも多数の企業が導入しています。データの一元管理で、オフィスの業務効率化、ペーパーレス化をサポートします。

ページ先頭へ

footer
<高精度OCRエンジン WOCR>
IT資産管理、ライセンス管理などの法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】をご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、ライセンス管理、セキュリティ対策、名刺管理、リードナーチャリング、FAXサーバー、高精度OCR、マークシート処理などの、法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。IT資産管理、ライセンス管理、名刺管理や営業支援、FAXサーバーやOCRまで、オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
IT資産管理やライセンス管理のことなら
株式会社ハンモックにおまかせください
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation