ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ Verifier|安定稼動 ]


Q096. TeleForm が格納しているイメージを手動で削除できますか。
バージョン5、6、7、8 タイプすべて 最終更新日2005年06月02日

『ログの除去』機能で自動削除する方法の他、手動で削除する方法もあります。
『ログの除去』機能で自動削除する方法についてはこちら

※ご注意※
[TELEform]ディレクトリ内のイメージファイルは、TeleForm の内部データベースにより管理されていますので、直接選択して削除すると、エラーの原因となります。
手動で削除する場合には、必ず以下の方法で行って下さい。

■フォーム全体のイメージ

Verifierの「保存されているイメージ」ウィンドウから削除を行います。

  1. Verifierの「保存されているイメージ」ウィンドウから削除するイメージを選択します。
    複数選択したい場合には、[Shift]キーや[Ctrl]キーを使用して下さい。
  2. ツールバーの[削除]ボタンをクリックします。
    イメージ管理ダイアログ
  3. 以下のような確認メッセージが表示されますので、削除する場合は[OK]ボタンをクリックします。
    注意メッセージ
  4. 選択したイメージが削除されます。
※ご注意※
上記の手順で削除を行うと、[sus]フォルダに格納されているフォーム全体のイメージのみが削除され、部分的に切り取っているイメージ([img]フォルダに格納されるイメージ)は削除されません。 部分的に切り取っているイメージ([img]フォルダに格納されるイメージ)を手動で削除する場合には、以下の手順で行っていただく必要があります。


■イメージ領域フィールドで部分的に切り取っているイメージ

『ユーティリティ』メニューの『ラベル/領域』から削除を行います。

  1. ReaderまたはDesignerの『ユーティリティ』-『ラベル/領域』を選択します。
  2. 「フォーム」ドロップダウンリストから削除するイメージのフォーム名を選択します。
    ラベル領域画面
  3. ダイアログ下のウィンドウから、削除するイメージを選択し、[消去]ボタンをクリックします。
    複数選択したい場合には、[Shift]キーや[Ctrl]キーを使用して下さい。
    ラベル領域画面
  4. 以下のような確認のメッセージが表示されますので、削除する場合は[はい]をクリックします。
    メモ
  5. 選択したイメージが削除されます。

ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q096. TeleForm が格納しているイメージを手動で削除できますか。 - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation