ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ エラー/障害|フォームマージ ]


Q083. AutoMrege Publisherにおいて『Unhandled Exception caught in・・・』というエラーが表示されます。
バージョン8 タイプすべて 最終更新日2005年06月02日

このエラーは、フォームマージを行う際に参照するデータベースがSQLServerの場合に発生します。
エラーメッセージには、次のようなものがあります。

①Unhandled Exception caught in SendPrintP
②Unhandled Exception caught in MrgIntf::loadRecord
③Unhandled Exception caught in MrgIntf::updRecord
④Unhandled Exception caught in SendPrintQ
⑤Unhandled Exception caught in Resource Checker
⑥Unknown Exception caught in thread [<number>] PrForm Task

これらのエラーはTeleFormのリビジョンごとに対応方法が異なります。

TeleFormのリビジョンは、TeleFormアプリケーションの『ヘルプ』メニューの
『このソフトについて』にて表示される【TELEformについて】ダイアログボックスで確認可能です。

【TELEformについて】ダイアログボックス

Versionに括弧書きで記載されている4桁の数字がリビジョンとなります。

■リビジョンが"8223"の時■

  1. TeleForm Monitorを含むすべてのTELEformアプリケーションを終了します。

  2. [TELEform]ディレクトリ内の「dyfodbc.dll」ファイルを「dyfodbc.old」等にリネイム(名前を変更)します。
  3. こちらから新しい「dyfodbc.dll」ファイルをダウンロードし、[TELEform]ディレクトリにコピーします。
  4. AutoMerge Publisherを稼動させるクライアントにおいて、AutoMerge Publisherを起動します。
      (Enterpriseユーザは、まず、プライマリPCでTeleForm Monitorを起動して下さい。)
  5. 『ユーティリティ』メニューの『環境設定』を選択します
  6. 【全体/ローカル TELEform設定】ダイアログボックスが表示されます
  7. "ローカルシステム"タブを開き、「ODBC接続キャッシュサイズ」の値を「0」から「-1」に変更します。
  8. [適用]ボタンをクリックしてから、[OK]ボタンをクリックし、
    【全体/ローカル TELEform設定】ダイアログボックスを閉じます。

上記を行い、エラーが回避されることをご確認下さい。

■リビジョンが"7121 "から"8218"までと"8234"の時■

上記手順の「5」~「8」を実行して下さい。

※それ以前の手順(「dyfodbc.dll」ファイルのリネイムやダウンロード等)は必要ありません。


ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q083. AutoMrege Publisherにおいて『Unhandled Exception caught in・・・』というエラーが表示されます。 - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation