ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ Verifier|自動エクスポート(DB) ]


Q064. Verifierで修正後のデータが「評価OK」「エクスポートに失敗」と表示されます。
バージョン7、8   タイプすべて 最終更新日2005年08月01日

Version7よりDBへのデータ保存に失敗すると、Verifierのイメージ管理ダイアログで「状態」が「評価OK」または「エクスポートに失敗」と表示されます。

1:「状態」について
データ保存の設定により異なります。
1-1:「評価OK」の場合 ...サポートグループはこの設定を推奨します。

Designerの「フォーム」-「自動エクスポート設定」「エクスポートに失敗したらコミットしない」の設定にチェックが入っていません。

自動エクスポート設定画面・チェックなし
※V7の画面ですがV8でも内容は同じです。

Verifierで修正したデータは、TeleFormの「内部データ」に保存されています。
手動でDBへのデータ再投入を試みることが可能です。詳細はこちらを参照してください。

1-2:「エクスポートに失敗」の場合

Designerの「フォーム」-「自動エクスポート設定」「エクスポートに失敗したらコミットしない」の設定にチェックが入っています。
自動エクスポート設定画面・チェックあり
※V7の画面ですが、V8でも同じ画面です。

※V7ではデフォルトでチェックが入っています。
  V7のデフォルト設定は、「バッチ処理」を使用した場合を想定しています。
  V8.2では、デフォルトでチェックが入っていない設定になっています。

「バッチ処理」の場合には、チェックを入れる必要があります。

「バッチ処理」は、セット単位のデータ処理に使用します。
例えば10枚セットの5枚目でデータ保存に失敗した場合、4枚目までのデータをDBに保存すると、再度そのセットを処理したときに、4枚目までのデータがDB上で重複します。
このようなデータ重複を避けるため、セットの途中でデータ保存に失敗すると、セット全体のデータを一切保存しない(※1)ように「エクスポートに失敗したらコミットしない」の設定を有効にしています。

「エクスポートに失敗したらコミットしない」の設定にチェックが入っていると、
「バッチ処理」以外の処理(ノンバッチ処理やFAX-OCRでの処理)の場合にも適用されます。
Verifierで修正したデータは、※1の通り一切保存されていません。
DBへのデータ再投入を試みるには、新規データと同様の処理を再度行う必要があります。
詳細はこちらを参照してください。


「エクスポートに失敗したらコミットしない」の設定は無効にしていただくことを推奨します。
  この設定を無効にすると、DBへのデータ保存失敗時は<「評価OK」の場合>の効率的な処理
が可能となります。

2:データの再投入について

DBへのデータ保存に失敗したレコードは、次の方法でデータ再投入を試みてください。

◆データ再投入を試みる前に

どちらの場合もDBへデータの再投入を試みる前に、データ保存に失敗した原因を取り除く必要があります。

データ保存に失敗する理由で考えられる例

  • ネットワークの障害が発生した
  • データベースへのパス名に日本語が含まれている
  • データ保存対象のDBファイルが削除されてしまった
  • 複数アクセスからの排他に弱いDB(Accessなど)の場合、他のクライアントとデータ書きこみのタイミング がバッティングした
  • スクリプト処理をしていて、スクリプトの不具合が発生している

等の問題を解決し、問題無くデータ保存のできる環境を復旧してください。

2-1:「評価OK」の場合
  1. Verifierで「評価OK」のイメージを選択します。(開く必要はありません。)
    イメージ管理ダイアログ画面
    図1
  2. Designerで「ユーティリティ」-「フォームログ/追跡」を選択します。
  3. 「フォーム」個所より「選択」にチェックを入れ、処理するフォームを選択します。
    「カテゴリ」より「保存イメージ/フォーム記入」を選択します。
    「日付/時刻」より図1と図2の①の値が一致しているレコードを選択し「追跡」ボタンを押します。
    フォームログ追跡画面
    図2
  4. 表示された画面で、種類「データ記録」、状態「保存済み」のレコードを選択し、②の日付/時刻を確認します。
    日付・時刻確認画面
    図3
  5. 図2・図3の各「閉じる」ボタンを押し、Designerの画面に戻ります。
  6. Designerで「ユーティリティ」-「内部データエクスポート」を選択します。
  7. 「フォーム」個所より、処理するフォームを選択します。
    図3と図4の②の値が一致しているレコードを選択し、「エクスポート」ボタンを押します。
    内部データ画面
    図4
  8. Designerで定義した「自動エクスポート設定」と同じデータ保存設定画面が表示されます。
    データ保存先の設定を行い、「OK」を押した時点でデータ保存が実行されます。
    データエクスポート設定
    図5

DBにデータが保存されたか確認してください。
データ保存に失敗した場合は何らかのエラーが表示されます。
何のエラーも表示されずに「内部データエクスポート」画面に戻れば、データ保存は成功しています。
※手動でデータ保存を行った後も、該当レコードのVeriferの「状態」は「評価OK」のままです。

2-2:「エクスポートに失敗」の場合
「エクスポートに失敗」したデータは一切保存されていません。
「エクスポートに失敗」したイメージを新規データ扱いでReaderで認識し、Verifierで修正、という処理を再度行う必要があります。

!ご注意!
この処理を行うと、FAX受信の場合、オリジナルのFAX受信時間、送信元FAX番号の情報はDBに渡されません

  1. Verifierで「エクスポートに失敗」したレコードを選択します。
  2. 「ファイル」-「名前をつけて保存」を選択し、適切なファイル名を付け、適切な場所に保存します
  3. Readerを起動し、2. で作成したイメージファイルをメッセージ・ログウインドウにドラッグします。
    Readerがイメージの認識を始めます。
  4. Verifierを起動します。
    日付/時間にReaderを通過した日時、送信元に認識させたイメージファイル名が表示されますので、修正したいレコードを選択します。
  5. 認識したデータを選択し、修正します。
    「修正を保存しますか?」-「はい」を選択してDBにデータを渡します。

DBにデータが保存されたか確認してください。
データ保存に失敗した場合は何らかのエラーが表示されます。
何のエラーも表示されずに、Verifierのイメージ管理ダイアログ画面に戻った場合、「エクスポートに成功」と表示されています。


ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q064. Verifierで修正後のデータが「評価OK」「エクスポートに失敗」と表示されます。 - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation