ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ 安定稼動 ]


Q035. TeleFormの中に保存されたイメージを自動的に削除できますか
バージョン5、6、7、8 タイプすべて 最終更新日2005年06月02日

バージョン 5 及び 6の方はこちら バージョン 7 及び 8の方はこちら
◆TeleForm Version 5 及び Version 6 の場合◆
日数を指定し、一定期間前のイメージをあるタイミングで削除することが可能です。

 注:この設定で削除できるのは、帳票全体のイメージです。部分的に切り取って
 保存したイメージを削除する方法は異なりますので、こちらをご参照ください。
設定方法
  1. Readerの「ユーティリィティ」→「ログの除去」を選択します。
  2. 下記画面のように、すべてのオプションにチェックを入れます。
      (※V5は英語画面ですが、選択項目は「Verifier統計」以外、同一の内容です。)
  3. 下記画面の「除去するイベント」より、どの間隔で実行するかを設定します。
  4. Reader起動時に、ログの削除が行われるため、1日1回のReader起動をお勧めいたします。
◆TeleForm Version 7 及び Version 8 の場合◆
Version7以降のバージョンでは、フォーム全体のイメージ・ファイルを削除する設定と部分的に
  切り取ったイメージ・ファイルを削除する設定がひとつにまとまりました。
 設定方法は以下の通りです。

設定方法
  1. Readerの「ユーティリティ」→「ログの除去」を選択します。
  2. 下記画面のように、すべてのオプションにチェックを入れます

  3. "フォームなし"と"認識OK"が
    フォーム全体のイメージ([sus]フォルダ内のイメージ)
    "ラベル・領域"が部分的に切り取ったイメージ([img]フォルダ内のイメージ)
  4. 「除去するイベント」より、どの間隔でファイルの除去を実行するかを設定します。
  5. 「次の日数を経過したものを自動的に」にチェックを入れます。
  6. [除去の実行]ボタンをクリックします。
  7. ボタン押下時点で日数の経過しているログやイメージ・ファイルが除去されます。
  8. [閉じる]ボタンをクリックします。
  9. Reader起動時にログとイメージ・ファイルの削除が実行されます。
      また、稼動中にも「スケジュール」で設定されたタイミング(デフォルト:3600秒に1回)でログとイメージ・ファイルの削除が実行されます。


※安定稼動のため、Readerは1日1回再起動することをお勧め致します。

■重要 : ログの除去について■
Verifierでのステータスが"要再検査"となっているフォーム全体のイメージ([sus]フォルダ内のイメージ)は、「除去するイベント」にて設定された日数が経過しても削除されません。

一方、部分的に切り取られたイメージ([img]フォルダ内のイメージ)は、 フォーム全体のイメージ([sus]フォルダ内のイメージ)のステータスが"要再検査"となっていても、「除去するイベントで設定された日数が経過すると削除されます。


ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q035. TeleFormの中に保存されたイメージを自動的に削除できますか - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation