ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ FAX|Reader ]


Q027. TeleForm Readerの『Messege Log』に、『Couldn't get page 2 of 'C:\WINDOWS\TEMP\FAX#40.AWD'』というメッセージが 繰り返し表示され、Verifierで何度も同じイメージが認識されてしまいます。
バージョン5、6   タイプすべて 最終更新日2005年06月02日

MS-FAXを使用してイメージ受信を行っている場合に上記の現象が確認されています。
MS-FAX側で該当するイメージのログを削除してください。

エラーの原因はMS-FAXがうまく受信をできなかったことにあります。 FAX側は1枚のイメージを
2枚分のイメージとして受け取っています。そのため、TeleFormReaderが1枚目のイメージを取得
した後、2枚目のイメージがあるけど取得できない、というエラーを出します。

通常はTeleFormがイメージを取得した時点でFAX側のイメージを削除するのですが、2枚目の
イメージを取得できないため、FAX側にそのイメージがいつまでも削除できずに残ってしまいます。
するとTeleFormがFAX側にコールを掛ける度にそのイメージを見つけ、認識を行うけれど2枚目を
取得できない...という状態が繰り返されます。

その繰り返しはFAX側のイメージを削除するまで止まりません。

MS-FAX以外のソフトを使っての上記のエラーは報告されておりません。
MS-FAXによる障害の多い場合、他のFAXソフトをお使いいただくことを お勧めしております。

他にお使いいただける1回線用FAXソフトとして弊社で動作確認が済んでいるものは、
(株)インターコムの「まいと~くFAX V.3」と「まいと~くFAX 2001」「まいと~くCOLOR FAX V6」「まいと~くFAX 7 Pro」があります。

~MS-FAXのサポートについてのお知らせ~

MS-FAXは、TeleForm Version7以降サポートしていません。
FAXが1回線の場合は「まいと~くFAX」をお使いください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q027. TeleForm Readerの『Messege Log』に、『Couldn't get page 2 of 'C:\WINDOWS\TEMP\FAX#40.AWD'』というメッセージが 繰り返し表示され、Verifierで何度も同じイメージが認識されてしまいます。 - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation