ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ スキャナー ]


Q021. 推奨スキャナー以外はOCRできないのでしょうか?
バージョン5、6、7、8 タイプすべて 最終更新日2005年06月02日

推奨以外のスキャナーは、TeleFormから直接スキャナーを操作することはできない可能性がございます。
しかし、スキャナーを個別に動かすことで推奨以外のスキャナーもご使用いただけます。
推奨されていないスキャナーに付属しているドライバとソフトでイメージをTIF形式で生成し
イメージを一定のフォルダに保存するように設定します。
TeleForm Readerがそのフォルダにデータを取りに行くように設定することが可能です。

※バージョンにより設定方法が異なりますので、設定前に必ずバージョンをご確認ください。


V5の場合・・・ユーティリティの環境設定で変更を行います。
1. Evaluate Directory - c:\***(ディレクトリ名を入力)
2. Eval Image format - TIF  と入力
3. Evaluate Pattern - *.TIF を選択
4. 指定したディレクトリにTIFを自動的に取りに行き、認識できればOKです。

V6の場合
1. Designerを起動
2. メニュバーより「ユーティリティ」→「Connect Agent Setup」→
「Evaluate Directory」を選択
3. [Enable evaluations from directory]にチェックを入れる
4. [Search the following directory for images]にディレクトリ名を入力
5. [Evaluate files with extension]から認識させるファイルタイプを選択
6. 指定したディレクトリからイメージを自動で取得し認識できればOKです。

V7の場合
1. Designerを起動
2. メニュバーより「ユーティリティ」→「接続設定」→「Evaluate Directory」を選択
3. [ディレクトリ評価を有効にする]にチェックを入れる
4. [イメージ検索場所の指定]にディレクトリ名を入力
5. [イメージファイルの指定]から認識させるファイルタイプを選択
6. 指定したディレクトリからイメージを自動で取得し認識できればOKです。

V8の場合
1. Designerを起動
2. メニュバーより「ユーティリティ」→「接続設定」→「ディレクトリ評価」を選択
3. [ディレクトリ評価を有効にする]にチェックを入れる
4. [検索場所の指定]にディレクトリ名を入力
5. [ファイル形式]から認識させるファイルタイプを選択
6. 指定したディレクトリからイメージを自動で取得し認識できればOKです。

※FAXソフトの「まいと~くFAX」を使用する場合、上記とは異なる方法でイメージ取得を行います。
詳細は別途お問い合わせください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q021. 推奨スキャナー以外はOCRできないのでしょうか? - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation