ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm Ver.8 以前のユーザー様向け FAQ

[ Designer|Reader|Verifier|エラー/障害 ]


Q120. TeleForm アプリケーションの起動時(稼動中)に 【リソースチェッカ】が表示されてしまい、正常に起動(稼動)しません。
バージョン8     タイプすべて 最終更新日2005年09月08日

TeleForm は起動時および稼動中、
システムのリソース(ハードディスクの空き容量と利用可能なメモリ領域)をチェックしています。
チェックの結果、リソースが環境設定での設定値を下回ってしまっていると、
以下のような【リソースチェッカ】が表示されます。

【リソースチェッカ】が表示されてしまった場合には、以下の手順で対処を行って下さい。

  1. 【リソースチェッカ】のメッセージから、以下の2点を確認します。
    設定値を下回っているのは"ディスク"と"メモリ"のどちらなのか
    設定値はいくつなのか
    ※設定値はメッセージ内に括弧書きで記載されています。
  2. 【リソースチェッカ】にて[Close]ボタンをクリックし、
    TeleForm アプリケーションを終了します。
  3. 再度、同じTeleForm アプリケーションを再度起動します。
  4. 【リソースチェッカ】が表示されるかどうか確認します。
    →表示されない場合はそのままご運用を続行して下さい。
    →表示されてしまう場合には、手順5に進んで下さい。
  5. 【リソースチェッカ】のメッセージが手順1で確認した内容と同じかどうか
    確認します。
    →全く同じ場合にはそのまま手順6に進んで下さい。
    →違う場合には手順1の2つの確認点を確認してから手順6に進んで下さい。
  6. 【リソースチェッカ】が表示されたワークステーションの再起動を行います。
  7. OS起動後、再度同じTeleForm アプリケーションを起動して、
    【リソースチェッカ】が表示されるかどうか確認します。
    →表示されない場合はそのままご運用を続行して下さい。
    →表示されてしまう場合には、手順8に進んで下さい。
  8. TeleForm クライアントの現時点でのリソースを確認します。

    ■設定値を下回っているのが"ディスク"の場合

      ハードディスクの空き容量を確認し、設定値より下回っている場合には、
      不要なファイルを削除する等の処置を行い、空き容量を増やして下さい。

    ■設定値を下回っているのが"メモリ"の場合

      Windowsタスクマネージャ等で、現時点の利用可能なメモリ領域を確認して下さい。
      利用可能なメモリ領域が設定値より下回っている場合は、
      他のシステムやアプリケーション、常駐ソフトなどを終了する等の処置を行い、
      利用可能なメモリ領域を増やして下さい。
  9. リソースが設定値を上回る状態にしてから、
    再度、同じTeleForm アプリケーションを起動し、
    【リソースチェッカ】が表示されなくなることを確認して下さい。

通常であれば、この手順で処理を行っていただくことにより、【リソースチェッカ】は表示されなくなります。

≪設定値の調整方法≫

諸事情により、すぐにはハードディスクの空き容量や利用可能なメモリ領域を増やせない場合には
以下の手順でTeleForm の環境設定の設定値を下げてみて下さい。

  1. 起動しているTeleForm アプリケーションの『ユーティリティ』メニューから
    『環境設定』を選択します。
  2. 【全体/ローカル TeleForm 設定】ダイアログボックスが表示されますので、
    "全体システム"-"リソースチェック"タブを開きます。

  3. 設定値を下げます。

    ■設定値を下回っているのが"ディスク"の場合

       「ディスクレベル」の値(デフォルト値:200MB)を下げて下さい。

    ■設定値を下回っているのが"メモリ"の場合

       「メモリレベル」の値(デフォルト値:50MB)を下げて下さい。
  4. [適用]ボタン、[OK]ボタンの順でクリックします。
  5. 再度、TeleForm アプリケーションを起動してみて下さい。

※この設定変更はあくまでも応急処置となりますので、後日、必ずハードディスクの空き容量や
  利用可能なメモリの領域を増やして下さい。

≪TeleForm システムの確認≫

リソースが不足している場合以外にTeleForm システム自体が不安定な状態になっている場合にも
【リソースチェッカ】が表示されることがあります。

前述の手順や設定を行っていただいても【リソースチェッカ】が表示されてしまう場合には、
お手数ですが以下の情報をご明記の上、TeleForm サポートグループ宛にご連絡下さい。

  • [TeleForm ]ディレクトリ内の[sus]フォルダおよび[img]フォルダ
    それぞれの「ディスク上のサイズ」と「ファイル数」
  • 発生時のハードディスクの空き容量と利用可能なメモリ領域
  • リソースチェッカ】が表示されるTeleForm アプリケーション名

その他、詳しい状況もあわせてお知らせ下さい。
TeleForm サポートグループから対処方法をご連絡させていただきます。


ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q120. TeleForm アプリケーションの起動時(稼動中)に 【リソースチェッカ】が表示されてしまい、正常に起動(稼動)しません。 - OCRソフト「TeleForm」 v8 ユーザー向けFAQ|ハンモック>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation