ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


TeleForm ユーザー様向け FAQ

[ 環境/メンテナンス ]


Q23. 内部データベース(SQL Server)のトランザクション ログが肥大した場合の回避方法を教えて下さい。
タイプ:すべて バージョン:10.x

■ 対象

・すべての TeleForm V10 Workgroup/Enterprise ユーザー
・内部データベースとしてSQL Serverをご利用の TeleForm V10 Desktop ユーザー

■ 内容

TeleForm インストール後、SQLサーバー上に作成された TeleForm 用のデータベースの復旧モデルは
"完全"になっています。
復旧モデルが"完全"に設定されていると、SQLのトランザクションログがディスク容量一杯まで
拡張する場合もございます。
SQL Server データベースのトランザクション ログが肥大してしまった場合の回避策は以下の通りです。

1.TeleForm モジュールを全て終了させます。
 TeleForm Workgroup 版の場合は、モジュール終了後、
 TeleForm サーバー 上の[管理ツール]-[サービス]にて "TeleForm License Service" を停止します。

2.復旧モデルを変更します。
 1)SQL Server Management Studioを起動します。
 2)TeleForm のデータベースの右クリックメニューから[タスク]-[バックアップ]を選択し、
  データベースのバックアップを行います。
 3)TeleForm のデータベースの右クリックメニューから[プロパティ]を選択し、[オプション]を開きます。
 4)「復旧モデル」を"完全"から"単純"に変更します。
 5)[OK]ボタンを押します。

3.ログを圧縮します。
 1)SQL Server Management Studioを開きます。
 2)TeleForm のデータベースの右クリックメニューから[タスク]-[圧縮]-[ファイル]を選択します。
 3)「ファイルの種類」を"ログ"にします。
 4)「圧縮アクション」欄の"未使用領域を解放する"を選択します。
  これが有効でない場合は、"未使用領域の解放前にページを再構成する"を選択し、
  「圧縮先のファイル」に圧縮操作の対象ファイルのサイズを指定します。

4.TeleForm モジュール を起動します。
 上の操作終了後、TeleForm Workgroup/Enterprise 版の場合は、
 TeleFormサーバ上の[管理ツール]-[サービス]にて "TeleForm License Service" を開始してから、
 モジュールを起動して下さい。


SQL Serverの知識があり、復旧モデルが"完全"で管理可能な場合はそのままお使い下さい。

※SQL Serverの管理、復旧モデルの概念、ログの圧縮方法につきましては、
  SQL ServerのHelpまたはMicrosoftの技術情報をご参照下さい。


ページ先頭へ


ページ先頭へ

sp 
gray
<Q23. 内部データベース(SQL Server)のトランザクション ログが肥大した場合の回避方法を教えて下さい。>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation