ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

OCRソフト『TeleForm』

導入事例

株式会社ライフ 様

株式会社ライフ 様 クレジット申込業務の精度とスピードを大きく向上させ、顧客満足アップを実現。
FAX受信/処理業務をシステム化

センターへ業務を集約しさらなる高収益構造を目指す

カード会員数1,000万を超える「ライフカード」で知られるクレジットカード事業をはじめ、キャッシング&ローンやショッピングクレジットなどの金融ビジネスを展開する株式会社ライフは、より安定した収益基盤の構築に向け、業務の改善に日々取り組んでいる。
その一環として行われたのが、センターへの業務集約だ。 ライフサポートセンター東 クレジットセンター長 渡辺義和 氏は、「東日本、西日本にそれぞれ『ライフサポートセンター』を設立しました。 従来、加盟店からのクレジット申込書は地方ごとにファクシミリで各支店に送られ、情報入力/審査などの処理を行っていました。これらをセンターに集約することで効率化やローコスト化を図り、さらなる高収益構造への変革を目指しています」と語る。

センターのFAXをシステム化「ライトニングFAX」を採用

加盟店からファクシミリで送られてくる申込書は、受け取りを確認して、記入漏れなどがないかをチェックする。そして、記載されている社名から、紙のファイルに収録されている加盟店情報の該当データを手作業で探し出し、加盟店番号入力などの処理を行う。全国の支社ごとに行われていたこの業務をセンターに集約した際、いくつかの問題が生じた。
「全国80,000以上の加盟店様からのファクシミリは1日1500~2000枚にものぼり、加盟店情報の抽出作業に時間を要していました。そのため、18台のFAX専用機と多くのスタッフをアサインしていました。送信元の加盟店様を自動的に特定できないかという要望が高まり、受信の高速化も強く求められていました。加盟店様と記入内容の確認などを行う際、受信に時間がかかっていては業務に大変な支障をきたします」と渡辺氏は振り返る。
そのような現場からの要望を受け、システム担当のシステム運用部システム運用課 課長 斉藤正雄 氏は、データエントリーシステムを得意とする株式会社ハンモックをパートナーとして新システムの開発・構築に着手した。
「最初は、受信したファクシミリをOCRで読み取ってデータ化し、加盟店情報データベースと照合するという方法を検討しました。 しかし、当社の申込用紙は提携などの関係により、フォーマットが多種類に及ぶため、OCRによる対応は困難でした。そこで、番号通知やCSIDから発信元を特定でき、高速プリンターを使って出力も高速化できるFAXソフトを使う方法を採用することにしました。そのような経緯から、ハンモックの推薦で導入したのが、『TeleForm』蝶理情報システムの『ライトニングFAX』だったのです」と斉藤氏は振り返る。
導入検討の際には、他ベンダーのFAXソフトとの比較が行われた。斉藤氏は『ライトニングFAX』の採用理由を、
「決め手は何といっても、導入スピードとコストです。今回は急を要していたのですが、他社に比べて極めて短期間での構築が可能でした。実際、発注から1ヵ月半でカットオーバーできたのです。コストが圧倒的に安かったのも魅力でした。また、当社の場合、FAXシステムの停止はビジネスロスに直結しますので、信頼性と実績も大切でした。蝶理情報システムおよびハンモックのSEの方々は技術スキルも高く、とても安心できました」と語る。

加盟店情報を自動で抽出・印刷後処理業務におけるミスを皆無に

ライフのクレジット申込処理フロー


今回のシステムは、蝶理情報システムが提供する『ライトニングFAX』と、『照会サブシステム』などハンモックの提供するパッケージとの組み合わせで構成されている。FAX受信と同時に加盟店を判別し、加盟店番号などの必要な情報をデータベースから取り出して、FAXヘッダーに印刷できるようになり、センター業務の効率化に大きな効果を生んでいる。
「手作業で情報を抽出していた以前に比べて、加盟店番号の入力など後処理でのミスが皆無になった点が大きいですね。
我々のミスによって加盟店様やお客様にご迷惑をおかけすることは、当社のような信用を最重視する企業にはあってはならないことです。また、操作はパートの方々にお願いしているのですが、今回のシステムでは簡単な教育だけで使いこなせ、個人の熟練度による作業スピードや精度のバラつきを均一化できました。
今までは熟練者でも1分程度かかっていた作業が、誰でも5~10秒でできるようになっています」
と渡辺氏は強調する。
斉藤氏も、「出力時間を大幅に短縮できました。現場からの要望は『少なくとも30秒で出して欲しい』でしたが、2秒という短時間で実現できたのです。18台あったFAX専用機を高速プリンターに統合できたので、スペースも運用コストも削減できました。また、FAX専用機では問題であった回線ビジーの偏りもなくなり、受信も安定化しました。カットオーバーからトラブルなく稼働しています」 と満足気に話す。

審査結果FAX送信システムも開発中、新たな試みに積極的に挑戦

ライフでは現在、『TeleForm』の自動返信機能と連携させ、加盟店への返信のシステム化に取り組んでいる。2003年11月中には稼働予定だ。
「審査結果のFAX返信のタイミングは逐一なのか、日ごとまとめてなのか、加盟店によって要望が異なります。
『ライトニングFAX』と『TeleForm』で、加盟店様ごとの指定時刻にFAX送信できるようにしています。審査結果のFAX返信業務の高精度化、効率化も実現できると同時に送信先の誤りをなくせますので、当社の信用向上につながるでしょう。蝶理情報システムおよびハンモックの両パートナーと共に、これからも新しい試みに積極的に挑戦していきたいですね」
と渡辺氏は力強く語る。
ライフの事業、そして信用を、ハンモックの提供する『TeleForm』と蝶理情報システムが提供する『ライトニングFAX』が確実に支えている。

取材日:2002年12月1日

⇒ 世界標準FAX OCR/スキャナー OCR『TeleForm』

株式会社ライフ

事業内容:
総合あっせん業務、個品あっせん業務、消費者向け融資業務を中心に事業展開している。
主力であるカード事業においては、国際カードブランドのマスターカード、JCB、VISAとの提携カードも含め、発行枚数が1,000万枚を突破した。


URL:http://www.lifecard.co.jp/

ページ先頭へ

TeleForm 導入企業一覧

ページ先頭へ

sp 
gray
< TeleForm 導入事例 / 株式会社ライフ 様|TeleForm>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation