株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

サポート担当者がお教えするIT資産管理ツール選択のポイント

※株式会社リクルート キーマンズネットに2011年2月21日に掲載された記事より転載
  掲載されておりますサービス内容、料金などは、掲載日または更新日時点のものです。
掲載日:2011/2/21
サポート担当者がお教えするIT資産管理ツール選択のポイント ハンモック
せっかく「IT資産管理ツール」を入れるなら、長~く運用できるモノを選びましょう!/AssetView PLATINUM
 多くの企業が導入を進めている「IT資産管理」ですが、ツールの選択に悩んではいませんか?どんなに多くの機能があったとしても、難しくて使いこなせなければ意味がありません。また導入や運用において管理者、特に情シス部門に大きな負担がかかるものでは、その効果は長続きしないはずです。

 今回紹介するハンモック社の『AssetView PLATINUM』は、導入と運用をシームレスにするナビゲーションと、ユーザビリティを追求したインターフェースで、目的に合わせた管理をすぐに始められるIT資産管理ツールです。
カンタン・使いやすい!
 しかも目的に合わせた導入で無駄なコストもかからない!
後悔しないためのIT資産管理ツール選択のQ&A 大公開!
・課題1:インターフェース ・課題2:PC操作ログ管理
・課題3:デバイス制御 ・課題4:ライセンス管理
 

カンタン・使いやすい!しかも目的に合わせた導入で無駄なコストもかからない!

 IT資産管理においてツールを活用することは、今や当たり前。しかし、どんなツールを選択すればよいのかを悩んでいる方も多いはずです。ズバリ、IT資産管理ツール選びに重要なポイントを挙げるなら、『運用のしやすさ』に尽きます。カンタンで使いやすいことは最低条件。その上、負担の多い情報システムなどの管理者の業務を軽減することで、継続的なIT資産管理を実現するツールの選択がベストと言えるでしょう。

 そこでオススメしたいのが『AssetView PLATINUM』です。運用管理で行わなければならない多くの作業を簡素化、管理者にとっての業務負荷を最大限に縮小。導入後の面倒な設定の手間をなくす "ナビゲーション機能"を搭載しました。更に『AssetView PLATINUM』は、今必要としていること、そのための機能を企業自身が選べ、目的にあった機能だけを導入することでコストも抑えることができます。カンタン・使いやすい、しかも柔軟な購入方法が選択できることで多くの支持を集めているIT資産管理ツールです。


▲このページの先頭へ


 IT資産管理ツール導入検討時のポイントは前章でご説明させていただきました。とは言え、各企業によってその導入目的は様々で、希望通りのIT資産管理を実現するためには多くの問題や不安を抱えているケースが想定されます。

 ココからは、IT資産管理ツール選択で企業が課題にしている内容を個別で検証、ハンモック社・技術部フィールドサポート課・樋野 貴博氏が分かりやすく解決策をお答えしていきます。

 ハードウェア、アプリケーション、ドキュメントなど、管理対象が多岐に渡るIT資産管理ツール。多くの企業、特に中堅・中小企業においては、専任の管理者が不在で運用に不安を感じているケースも少なくありません。

 下図は『AssetView PLATINUM』の管理画面ですが、ご覧のようにカテゴリごとにアラートが表示されるため、全体の状況把握もカンタンになります。また、トラブルが発生した際も、通知されたアラートからの画面遷移に沿って対処を行う流れとなっており、専門知識がなくても使いやすい構成となっています。"管理者権限設定機能"により、機能ごとに権限の有効/無効を設定することができ、社内全体の管理を行うシステム管理者のほかに、拠点や部署、グループごとに管理者を設置して運用の負荷を適切に分散することも可能です。

※システム管理者はすべての機能が有効になります。

 これまでも操作ログを取得しそのまま…という企業は確かにありました。ただし、操作ログ取得は、ファイル操作やアプリケーションの利用状況を把握して、社内PCの利用モラルやセキュリティ意識を高めることでもっと活用できるはずです。万が一に備えて、詳細な条件設定から素早く特定ファイルを検索し、その遷移を確認できる環境を整えることも大切。そのことを社内に告知すれば、不正利用の抑止効果も得られるでしょう。

 『AssetView PLATINUM』なら、膨大なログの中から、探したい操作を素早く絞り込める機能を搭載。更に、不正なアプリケーションの起動禁止や不正なサイトを閲覧した際のメッセージ警告などにより、不正利用を防ぐことも可能です。

アラートのコメントも自由に変更可能

 不適切な操作を行ったり、不正なアプリケーションの利用の際に警告メッセージを表示するアラートですが、コメントは定型文が使われるケースがほとんどでした。ただその内容に関わらず一定のコメントが表示され、時には社員に不快な印象を与えてしまうこともあったはずです。

 『AssetView PLATINUM』は、アラートのコメントを自由に作成することができます。例えば、警告と禁止の時でコメントを使い分けたケースでは、結果的に社員の意識改革につながったこともあります。活用の幅が広がることは、企業にとって大きなメリットになっているようです。

 USBメモリなどは便利な反面、情報漏洩リスクも高いため、その対策は必須といえます。まずは社内のUSBメモリ利用状況を把握し、社員に適切に使用させるための制御が必要ですが、いきなり使用を制限しては業務に支障が出る恐れがあり、社員からの反発も予想されますね。

 『AssetView PLATINUM』はクライアント端末に接続されたUSBデバイスの情報を自動で収集し管理、制御するだけでなく、必要に応じてグループ管理者が承認すれば一時ポリシーを適用して使用可能にできる申請機能も搭載しているので、業務を妨げません。また、"エクスポート/インポート機能"を使えば大量のUSBデバイスも一括で設定、更にUSB以外にもCD/DVD、FD/SDカード、共有フォルダもグループごとに制御できます。

 社内で稼働するハードウェア・アプリケーションなどの情報を収集するIT資産管理。中でもライセンス管理はその内容も複雑で、管理者負担が大きいものの1つです。

 『AssetView PLATINUM』のライセンス管理では、インストール台数を正確に把握し、ライセンス情報を付加することで、余剰ライセンスの削減などライセンス購入の見直しにも貢献。コンプライアンス対策はもちろんですが、コスト削減にもつながります。

3ヶ月ごとの分析レポートで、適切な運用の継続を実現

 IT資産管理では「ノウハウがない」「専任スタッフがいない」などからツールを活用しきれないという声もよく聞かれます。そこでご紹介したいのが、企業のIT統制実現のための運用をサポートするPC運用アウトソーシングサービス『APOS』(有償)です。

 企業のサーバで収集した各データを当社がオンラインで抽出、傾向分析を実施。専任の担当者が3ヵ月ごとに企業を訪問し、分析レポートの提出と最適な運用方法をご提案しています。運用ポリシーの設定は導入時に行うだけでなく、最新のセキュリティ事情や会社の状況に合わせた設定に変更し、PDCAサイクルを回すことが重要です。APOSは「導入後の運用を任せられるサービス」との評価をいただいています。


▲このページの先頭へ



製品・サービスの取扱い企業


株式会社ハンモック
住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-19-10 昭栄高田馬場ビル1-2階
TEL:03-5957-3630
URL:http://www.hammock.jp/


『AssetView PLATINUM』後継製品『AssetView』の詳細はこちら



ページ先頭へ

fotter_line

ページ先頭へ

<サポート担当者がお教えするIT資産管理ツール選択のポイント>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
ハンモック社長 写真俳句ブログ  マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation