株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

FAXサーバ環境も仮想化の時代へ!

※株式会社リクルート キーマンズネットに2010年07月15日に掲載された記事より転載
  掲載されておりますサービス内容、料金などは、掲載日または更新日時点のものです。
掲載日:2010/07/15

RightFax for FoIP

ハンモック

Keyレポ
  • 基本情報
  • RightFax for FoIPの特長
  • RightFax for FoIPの導入事例
  • RightFax for FoIPのスペック
RightFax for FoIP
掲載日:2010/07/15
企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
FAX利用時の情報漏洩を防ぎたい、手間を軽減したいと考えている企業。また、FAXサーバおよびFAX環境の仮想化を検討している企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 PCを使ってファイルの送受信ができ、承認ワークフローなどの機能により情報漏洩を防止。またサーバを仮想化しFoIPにも対応、FAX環境をネットワーク化できる。
価格情報 93万9000円~(税別)
サポート
エリア
全国

通信インフラが進化する中、取り残されるFAX環境を仮想化する!

 現在の企業における通信手段は、インターネットなど通信インフラの発達により選択肢が増えた。その中でFAXは、導入や操作の容易さからほぼ100%の普及率があり、今も多くの企業で利用されている。反面、社内でユニファイドコミュニケーションなどが進む中で、FAX環境だけは社内のインフラ整備から取り残された感が否めない状態だ。

 しかしながら、紙の削減やセキュリティ向上を目的として、FAX機からFAXサーバへと環境も変化しつつある。更に"FoIP(Fax over IP)"が最近になって登場。FoIPはインターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを利用してFAXデータの送受信をする技術である。

 そこで今回は、FoIPの技術を活用してVoIP環境に取り残されたFAX環境がネットワークに対応できるようになるハンモック社のRightFax for FoIPを紹介したいと思う。






特長

FoIPの登場

FAXサーバの課題⇒複数サーバによる運用・コストの問題を解消

 FAXの仕組みや機能を飛躍的に進化させるFoIPだが、その登場の背景にはFAXサーバでの課題が大きく関係している。これまでFAXサーバの導入では、FAXの代わりに複数のFAXサーバの設置が規模に応じて必要だった。冗長化や大規模構成時には、導入・運用管理コストがかかるなどの課題が存在していた。

 そこで登場したのが次世代FAXアーキテクチャFoIP。FAXの送受信に用いる回線をIPネットワークに集約できるため、インフラ管理者の負担を軽減。また、送信先に最も近いFAX Gatewayまでは社内LANを利用でき、通信コストも削減できる。もちろん、RightFax for FoIPではそれらが可能となる。



サーバ仮想化

FAXサーバの課題⇒FAXボードを仮想化してライセンスコストを削減


 FAXサーバのもう1つの課題は、これまでのFAXサーバではFAXボードが必要であり仮想化は難しいとされていたこと。

 その問題もRightFax for FoIPが解決。 FAXボードを仮想化することで、FAXサーバをソフトウェアのみで構築できる。更にVMware ESXに対応。仮想化による物理的なサーバ数を減らせることはもちろん、冗長化構成や大規模構成時のサーバライセンスコストなどの大幅な削減を可能にする。社内のFAX環境をIPネットワーク化し、サーバを仮想化することで得られるメリットは予想以上に大きいはずだ。



一元管理可能

FAX業務のセキュリティ強化・効率化を実現できるRightFax for FoIP


 RightFax for FoIPは、Excel、Wordなどで作成した文書をメールソフトのようにクライアントPCでダイレクトにFAX送信が可能。基幹システムと連携し伝票類を自動的にFAX送信することもでき、FAXの送受信イメージ、およびログデータはRightFaxサーバで一元管理される。また、承認ワークフロー機能では、ワークフローを活用し上長などの承認者が、書類と宛先に間違いがないか確認後、送信することが可能。これにより誤送信が大幅に軽減されるだけでなく、FAXの前で複数人集まり宛先を確認するといった作業も不要となる。




このページの先頭へ

導入事例

導入前の課題

いかなる場合でもFAXの停止は許されない!その対策とは…


【A社の場合】
 業務上、 いかなる場合でもFAXを停止することは許されないため、常に23回線分のFAX送受信能力が必要。 FAXの送受信に関する障害対策がとれる構成が必須であった。 

当初、FAXボード構成で検討していたが、トータルコストを考えた場合に以下の点でデメリットを感じていた。
・ハードウェアコストが非常に高くつく。
障害リスクが多い。≪アプリケーションサーバ1台+リモートボードサーバ2台+FAXボード2台の合計5つのリスク≫
・メンテナンス面 (人員などの運用コストがかかる)

結果としてコスト・運用面において問題がありFAXボード構成を断念した!

導入後の効果

必要分のライセンスと仮想化の対応で、課題を次々にクリアできた

RightFax for FoIPの導入により、 FAXボード構成ではデメリットと考えられていたことがクリアでき、またトータルコストも大幅に削減することができた。
・仮想環境に対応できるため、ハードウェアコストがダウン。
障害リスクがダウン。≪アプリケーションサーバ1台+FAX Gateway2台≫
・運用のコストダウン。
・電気代削減によるグリーンITへの対応 。

希望に沿ったカタチでシステムを構成。初期導入費用の削減もできた。また、メンテナンス作業が減り、運用コストの軽減にもつながった。



このページの先頭へ


スペック


製品名 RightFax for FoIP
メーカー OpenText
クライアント側OS Windows7 Professional
Windows Vista Business (なし/SP1/SP2)
Windows Vista Ultimate (なし/SP1/SP2)
Windows Vista Enterprise (なし/SP1/SP2)
Windows XP Professional (SP2/SP3)
クライアント側対応プロセッサ 500 MHz or higher Pentium III compatible CPU 以上 ※OSの最小要件をクリアしていること
クライアント側必要メモリ容量 512 MB以上 ※OSの最小要件をクリアしていること
クライアント側必要ディスク容量 50MB以上のフリースペース
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2003 SP (なし/SP1/SP2)
Windows Server 2003 R2 (SP1/SP2)
Windows Server 2008 (SP1/SP2)
Windows Server 2008 R2
*Windowsパッチは、必ず最新のものを適用して下さい
サーバ側対応プロセッサ 2.6 GHz or higher Pentium IV-compatible CPU 以上(3.6 GHz以上を推奨)
サーバ側必要メモリ容量 2 GB RAM以上
サーバ側必要ディスク容量 10 GB以上のフリースペース(左記はSQLのインストール分を含みません)
サーバ側その他動作環境 ■SQL Server 2008対応

Microsoft SQL Server 2005 SP (なし/SP1/SP2/SP3)
Microsoft SQL Server 2008 SP (なし/SP1)
※Microsoft SQL Server 2005 Express (SP2)がバンドルされています。
その他特記事項 -
製品サイトURL:http://www.hammock.jp/rightfax/foip/

価格情報

93万9000円~(税別)

補足説明
チャネル数など構成内容により価格は変動いたします。

サポートエリア

全国

補足説明

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業


株式会社ハンモック
住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-19-10 昭栄高田馬場ビル1-2階
TEL:03-5957-3630
URL:http://www.hammock.jp/


⇒ 『RightFax for FoIP』の詳細はこちら



ページ先頭へ

fotter_line

ページ先頭へ

<FAXサーバ環境も仮想化の時代へ!>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
ハンモック社長 写真俳句ブログ  マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation