ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

SFA(営業支援ツール)

営業現場で使い続けられる、誰でもかんたんに利用できるSFA


「SFAを導入したが定着しなかった」という経験をした企業、営業組織は少なくありません。
管理することだけを目的にしたツールではなく、営業現場での活動を支援するための仕組みこそ、組織に定着し、効果を発揮します。
『HotProfile』は利用者の手間や負担を極限まで削減し、営業現場で使い続けられるSFAとして進化しました。

● 顧客情報の入力が面倒で営業にSFAツールが定着しない
● 部門により管理したい項目が異なる
● ツールに合わせてSFAの運用ルールを決めている

「かんたんなSFA」である理由

登録が不要 1顧客情報の登録が不要

名刺管理との連動によりSFAの導入・運用で課題となる、面倒な顧客情報の登録作業が不要となります。


入力フォーム 2必要最小限の入力フォーム

報告管理、商談管理の項目は、自由に並び替えて業務に合わせて最低限必要な項目に絞ることができます。利用者ごとに初期値を登録することで常に利用する表示テンプレートを設定可能です。


レポート 3自社の形式でレポートを出力

お客様がExcelで編集、作成したテンプレートをカスタムレポートのひな形として登録することができ、自社の運用や管理方法に合わせたレポートを一発で出力できます。

カスタムレポート


一連の活動プロセスを支援

新規開拓からルートセールスまで、さまざまな営業スタイルにおいて営業担当者や管理者の活動を支援し、営業効率を高めます。

営業スタイル・利用シーンにフィットした運用が可能

運用

営業活動における一連のプロセスを効率化

例:新規開拓営業、アカウントセールスの場合

1.計画

●営業戦略ごとのターゲットリストを作成、対応状況を可視化
●顧客リストを地図上にマッピングし属性で色分け
●最短の訪問ルートを自動作成

⇒進捗を可視化!

2.活動報告

●スマートフォンから営業報告
●新規獲得名刺のデータ化と営業報告を同時に実行
●上司や関係者とのコミュニケーションを促進

⇒手間なく報告!

3.商談/案件管理

●商談/案件情報、売上見込みを管理
●自社の管理形式に応じて入力フォームを変更
●案件ごとの明細を管理

⇒案件を数値化!

4.レポート

●営業会議資料を一発で出力
●自社で利用しているExcelファイル帳票をテンプレート化
●いつでも自社で自由に帳票の形式を変更可能

⇒Excel編集ゼロ!

ページ先頭へ

ターゲットリスト


歴史から学ぶ!SFAの課題と導入成功のポイント

画像SFAは、「営業支援システム」のことで、営業の効率化や可視化、標準化を支援するツールです。営業力の強化に効果があるとされていますが、その一方で、「SFAが根付かない」「SFA導入に失敗した」「SFAのメリットが見えない」と悩んでいる企業が多いのも事実です。そもそも、SFAは何を目指して開発され、どのような発達を遂げてきたものなのでしょうか。SFAの歴史を振り返り、企業が抱えているSFAの課題と導入成功のポイントを紹介します。

1.1990年代にアメリカで生まれたSFA

SFAがどのように生まれたかを確認しましょう。1980年代にはオフィスや工場にコンピューターが導入され、オートメーション化が進みました。これをOAやFAといいます。効率化や自動化が一気に進み、さまざまな情報を収集できるようになりました。
これをオフィスや工場以外にも応用できないかと考えたアメリカの企業がありました。同社はセールスの現場に注目し、セールス活動をオートメーション化する「SFA」という概念を提唱しました。これが1990年代初頭~半ばにかけてのことです。
アメリカのセールス担当者は歩合制が主流で、個人レベルでの活動が多く、組織で動くことを好みません。離職率も高く、セールスノウハウが企業に蓄積されていませんでした。「個々の担当者を監視・管理できる」、「現場のブラックボックス化を解消できる」、「スキルを標準化できる」といったメリットがあるSFAは、管理に頭を悩ませていたセールスマネージャーにとって、極めて魅力的なツールでした。PCが身近になり電子メールも広く使われるなど、環境も整ってきたこともあり、多くの企業が導入するようになりました。こうして、アメリカでは短期間に市場が形成されたのです。

2.日本で普及が遅れた理由とは?

アメリカでの成功を受けて、日本にも1990年代後半に輸入されるようになります。SFAは話題となり、一部大企業が導入を試みましたが、成功に至った例はあまりありませんでした。
SFAが受け入れられなかった理由は多くあります。まずは環境の問題です。Windows 95 が発売されてPCがブームになったとはいえ、日本では営業担当者に1台ずつ持たせるほどには普及していませんでした。営業担当者は外出先で商談することが仕事で、PCにデータ入力することは非効率な業務という意識があります。SFAには、直接的に受注につながるような利点がなく、負担ばかりが大きくなるように感じられたことも理由の一つでしょう。 一方管理する側も得た情報をどのように扱えばいいか分からず、使いこなせていませんでした。結果、日本でのブームは短期間で終息し、しばらくは忘れられた存在となります。
こうしてアメリカのように根付くことがなかったSFAでしたが、最近になって再び注目されるようになっています。その背景には日本のセールス現場に即した国産のSFAが増えたこと。モバイル化が進んで、場所にとらわれることなくデータ入力や情報参照が可能になったことがあります。

3.これだけはチェックしておきたい!SFA導入のポイント

日本の市場に受け入れられるようになり、導入の成功事例も聞かれるようになっています。一方で、営業力の強化を目的に導入したはずが、営業管理や情報収集が目的となってしまい、受注に直結しない作業負担を営業担当者に強いてしまっている場合もあります。
では、どうすれば導入に成功できるのでしょうか。大切なことは、視点をマネージャー側からセールスの現場側に移すことです。「効率化しよう、標準化しよう」というマネージャー目線ではなく、「現場がいかに楽に使えるか、現場をいかに支援できるか」という視点で選び、導入することが必要です。
ここで重要となるのが、操作性です。シンプルに操作でき、データ入力の負荷が少ないSFAが理想です。たとえば、「お客様のデータを既存のデータベースから移行できる」、あるいは「名刺データを自動登録してデータベース化できる」機能があるかどうかがポイントの1つとなります。
バックオフィスの支援機能も忘れてはいけません。自社のセールスステップに沿って、カスタマイズできるSFAであることが重要です。ビジネスモデルやセールスステップには、その企業独自の「強み」や「競争力」が凝縮されています。これに対応できず、標準化された機能を押し付けるようでは逆効果です。
情報活用の機能が充実しているかにも注目しましょう。マーケティング部門との連動が可能で、メールの閲覧履歴などを営業担当者が把握できるSFAであれば、営業効率は格段に向上します。

まとめ

導入には現場の賛同を得ること。そのためには、営業担当者に、使いやすく、役に立つツールだと感じさせることが重要です。導入したために現場の負担が大きくなり、肝心の営業活動ための時間が少なくなってしまうようでは本末転倒です。
自社のセールスステップを分析し、営業担当者の利用促進、受注の増加につながるSFAを導入しましょう。


SFA(営業支援ツール) - 名刺管理、営業支援ツール『HotProfile』

「SFAを導入したが定着しなかった」という経験をした企業、営業組織は少なくありません。『HotProfile』は利用者の手間や負担を極限まで削減し、営業現場で使い続けられるツールです。
『HotProfile(ホットプロファイル)』は「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の3つの領域で分断された業務プロセスを有機的に結び付け、セールス&マーケティングのオートメーション化を実現する名刺管理、営業支援ツールです。『HotProfile』を活用することで営業担当者の名刺入力や報告の業務負荷を削減し、人脈を活かした活動や見込み顧客へのアプローチを支援します。また営業企画やマーケティング担当者はホットリードの発掘を促進でき、シームレスに営業へ見込み客を提供できます。経営者にとっては、低コストで「名刺管理」「マーケティング施策」「営業支援(SFA)」の各ツールをまとめて導入でき、飛躍的な営業生産性の向上を実現できる、営業支援ツールの決定版です。

ページ先頭へ

サービス支援メニュー

機能一覧表

稼働環境

サポート

導入事例

ご担当者様

株式会社ソフトクリエイト 様

実務に即したMAで案件化率アップ。
メール配信&Webトラッキングで興味の高い顧客にアプローチ。

コラム

メールマガジン

ページ先頭へ

sp 
gray
<SFA(営業支援ツール) - 営業支援ツール『HotProfile』>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation