株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。

活用事例

活用事例


一斉メール配信の効果UP、見込み客情報獲得

■BtoB ビジネス事例:ソフトウェア開発業 A 社

背景

・自社の製品を紹介するために、見込み客に対して定期的に一斉メールを配信している。

・資料請求やデモンストレーションの依頼があった顧客に対して営業担当者が対応し案件化している。

課題

課題01

■一斉メール配信をしても、資料請求や問い合わせの数が増えない。

■常に名刺を集め見込み客データを増やしているが、メールを送るたびに配信停止希望者も増えるため訴求対象が増えない。

解決

対策

1. メール配信対象を業種や部門で仕分けし、ターゲットとなる対象のみへ適した内容のメールを配信

HotLeadCreatorで最適なターゲットをかんたんに抽出。

適した内容のメール配信

2. 問い合わせてはこないが製品に関心を示している顧客へアプローチ

Webサイトの製品情報を頻繁に見ている顧客へ営業が直接アプローチ。

顧客へアプローチ

成果

問い合わせ増加

顧客にとって関心がある話題だけが配信されるため、資料請求数やデモンストレーションの依頼数が増えた。

メール配信対象顧客の増加

不要な情報配信がなくなり、配信停止希望者が減った結果、訴求できる顧客数が増えた。

アポ獲得率アップ

事前に自社製品に対して関心のある顧客が分かっているため、アポイント獲得がスムーズになった。

ページ先頭へ


展示会出展効果の向上、案件化数UP

■BtoB ビジネス事例:製造業 B 社

背景

・新規顧客との接点は展示会。定期的に出展し見込み客を探している。

・展示会場では営業担当者が直接顧客と会話し、購入意欲が高いと判断した顧客を継続フォローしている。

課題

課題02

■多くの名刺を集めても案件化できるのはごくわずかしかない。

■営業担当者は自分で「見込みがある」と判断した顧客しかフォローしない。

■展示会後、一度の営業フォロー活動で終了してしまうため継続性が無い。

解決

対策

名刺データ化

1. 展示会で集めた名刺をデータ化

ハンモックで名刺をデータ化し、アプローチ用の顧客データを作成。

アンケート配信

2. 来場者へアンケートを配信

Webアンケートを作成し、キャンペーン特典と合わせて顧客へメールで通知。

3. 顧客の反応に基づき対象を決定、フォローを実施

顧客のWeb閲覧履歴やアンケート回答内容を収集し、見込み別に分類してリスト化。
直接接触できていない潜在的な見込み客リストを営業へ提供しフォローを実行。

反応に基づいたフォロー

成果

案件化数、受注数の向上

これまで直接リーチできなかった見込み客にも営業がフォロー活動を実施するようになり、案件化数、受注数の向上に成功した。

適切な優先順位づけによる効率化

全顧客の反応を数値化することにより適切な優先順位付けができ、営業効率が上がった。

ページ先頭へ


顧客のランクや興味に応じたターゲティングメール配信

■BtoC ビジネス事例:化粧品販売業 C 社

背景

・顧客に対する新製品紹介などのアプローチはすべてメールで行っている。

・顧客管理システムとメール配信ツールは別システムで運用している。

課題

課題03

■顧客のランクなど属性ごとにアプローチを行いたいが、運用システムが別のため実施が困難。

■他社ネットショップでの商品購入や関連するセミナーの受講などは自社で把握することができない。

解決

対策

1. 既存の顧客情報をもとに他の情報を付加したターゲティングメールを配信する

HotLeadCreatorで顧客情報と別に管理しているランクなどの情報を付加してセグメンテーション。

セグメンテーションメール配信

2. アンケート回答結果やWebサイト閲覧履歴を活用し次回施策を実行

次回施策へ反映

自社で管理していない情報をアンケートで入手・把握し、次回施策のターゲティングに活用。
Webサイト閲覧履歴による顧客の興味も加味し、これまでに無いターゲティングメール配信を実現。

成果

ワンランク上のターゲティングメール配信の実現

顧客管理と販促施策を連動させることで顧客のランクに応じた営業施策の実行が可能になった。

顧客に関する最新情報の把握

アンケートを活用することで、自社で管理していない情報も合わせて把握することができるようになった。その情報をセグメンテーションに活用することで、さらに強力なターゲティングメール配信が可能となった。

ページ先頭へ


情報を集約し、顧客に応じた情報提供や対策を
サービスに取り入れ、顧客満足度が向上

■教育ビジネス事例:講座主催会社 D 社

背景

・教育講座を提供するビジネスを行っている。

・口コミによる契約割合が多く、顧客満足度の向上が大きなテーマとなっている。

・受講者の進捗に応じて最適な次ステップの講座を勧める活動により、売上拡大を目指している。

課題

課題04

■講師の品質管理に力を入れたいがそのために把握できる情報が乏しく対応が難しい。

■受講者が受ける講座がそれぞれ異なり、また講座の内容により管理方法も異なるため、
 進捗状況を把握し難い。

解決

対策

1. 講師に対するアンケートを実施し、評価を数値化

受講者へアンケートを配信し、その結果を取り込み講師ごとや企業ごとに評価レポートを出力。

評価を数値化

2. 受講者情報と各受講講座の進捗状況に関する情報を連結

受講者情報と受講報告書や進捗情報などを連結し見える化&レポート出力。

見える化

成果

講師の評価、受講状況の見える化を実現

講師の評価や改善すべき点が明確になり、講師の品質管理ができるようになった。 受講者の教育計画と受講状況を一覧で表示することで、未受講の講座への警告や次の講座への誘導を適切なタイミングで実施することができるようになった。


活用事例 - 見込み客発掘、醸成ツール『HotLeadCreator』

「HotLeadCreator(ホットリードクリエイター)」は、営業活動に必要なリスト作成、集約管理、見込み客の発掘・育成・案件化までをワンストップで実現する見込み客発掘、醸成ツールです。アクションに対する顧客の行動を把握・分析し、潜在的な見込み客を発掘することが可能になります。

サポート

導入事例

ご担当者様

株式会社クロス・マーケティング 様

社内に散在する膨大な顧客データを集約。
4日かけていた営業リストの作成作業が5分で完了。


ページ先頭へ

fotter_line

ページ先頭へ

<活用事例>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
ハンモック社長 写真俳句ブログ  マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation