春雷

春雷

春雷は 遠くに去りぬ 天主堂

その教会に入ったとたん、春の嵐が強くなって、雷鳴が轟き始めた。

ステンドグラスに雨が吹きつけ、話し声も聞こえない程だった。

暫くすると雨は弱くなり、雷も遠のいた。

ステンドグラスから春の光が差し込んで、キリストが輝き始めた。