ダリア

ダリア

山路きて 寂しさ募る ダリアかな

高原の村を走っていた。

この標高の高い村には秋が早く訪れるらしい。

山路のかたわらにダリアが咲き乱れていた。

ピンク色のきれいなダリアだった。

しかし、何故か寂しさが押し寄せてくるばかりだった。