合歓

合歓

分け入って 揺れる想いの 合歓ねむの花

ようやく梅雨が明けた。

濃い緑の山に足を踏み入れると、そこかしこに合歓の木が花をつけている。

夏本番の風が吹いて合歓の花を揺らした。

うすいピンクの合歓の花は、はずかしそうに揺れていた。