イルミネーション

イルミネーション

電飾や 際立つ闇と なりにけり

夜六時過ぎに郊外を車で走っていた。

あたりはもう真暗で、街灯や信号機の灯だけが道路を照らしていた。

角を曲がると突然、一本の木がイルミネーションで飾られて、光輝いていた。

こんな郊外の寂しい場所で、いったい誰が作ったのだろうか。

一瞬のうちにイルミネーションを通りすぎると、

今までに増して深い暗闇が続いていた。