白猫

白猫

凝視する 瞳の奥の 疑念かな

白い猫が裏木戸の外から家の中をじっと見つめていた。

猫は猜疑心が強い。なかなか人に慣れない。

しなやかでしたたかな生き物だ。

いつでも逃げられるように、疑い深く見守っている。

どこか、心がしんとしずまって打ちとけない気がする。