どんな日も

どんな日も

どんな日も 普通の日なり ひきがえる

ひきがえるをよく見かけるようになった。

ひきがえるは動きがにぶく、そばに近よっても、カメラのフラッシュをたいても、

微動だにしない。

こんなににぶくて生きていけるのだろうかと心配になるほどだが、

毎年梅雨になると大量に発生する。

ひきがえるを見ていると、人間界の出来事や自然界の天変地異など全く、

無縁の存在に思えてくる。

かれらにとっては、どんな日も、普通の日なのではないだろうか。

そして、どんな日でも普通の生活をしつづけるのではないだろうか。