クスノキ

クスノキ

クスノキの 緑濃き日や 入梅す

クスノキは春になると柔らかな若葉が顔を出す。

そよ風が若葉を揺らし、春の光が揺れる葉をやさしく包む。

若葉は徐々に力強く育ち、葉脈は太く、緑も濃さを増してくる。

初夏が過ぎて、空がどんより曇り、灰色が世の中をおおいつくす頃、

クスノキの葉は若葉から大人の葉に変わり、梅雨が始まる。