萬来軒

萬来軒

萬来軒 今日閉店の 浅き春

春は出発の時である。同時に別れの時でもある。

生じたものは必ず滅すと仏教でも言っているように、

どんなものにも始めがあれば、終りがある。

家の近くの駅のそばの名物ラーメン店がこの春店を閉じた。

会社の近くにあった名物カレー店も昨年末閉店した。

しかし、感傷的になる必要はないのかもしれない。

閉じる店があれば、また生れる店もある。

今日も、どこかに、斬新な新しい店が生れているに違いない。