祈り

祈り

春風や 命をかけた 祈りかな

郊外のお寺に立寄る機会があって、お寺の庭を散歩した。

太陽が燦々と輝き、柔らかな風が境内を吹き抜けていた。

庭の隅に古びた観音菩薩像がひっそり立っていた。

何年前に作られたものなのか頬が一部欠け、身体全体に白いしみが浮いている。

それでも手を合わせ、ひたすら祈る姿は自信にあふれ、

微笑んでいるようにも見える。

祈りは命をかけた究極の救いなのだろうか。

観音菩薩が必死に祈る姿に深い安らぎを覚えてならない。