雪嵐

雪嵐

雪嵐 窓越しに眺め 読書かな

初雪がふった。

近年にない大雪で、重たい水気をふくんだ大粒の雪が、どんどん降ってくる。

いつの間にか、あたり一面雪化粧になってしまった。

午前から降り出した雪は午後になっても降り止まず、風も出てきた。

傘が吹きとばされるような強風が吹きあれ、雪嵐の様相を呈してきた。

もう外出は出来ない。

こんな日は家でじっとしているほかしょうがない。

読みたかった本をとり出して、日がな一日読書にふけるとしよう。