遠くの声

遠くの声

遠くの声に 耳すます夏

夏は生命が燃焼する。炎天下の高校野球やオリンピック。

昆虫や植物も精一杯生きようとする。

しかし、同時に、耳をすますと遠くからの声も聞こえてくる。

「そろそろ準備をしなさいよ。」「そんなに時間は残っていないよ。」

照りつける太陽の下で、少し途方にくれながら、それでもその声に聞き入っている。