ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


AssetView 機能詳細一覧表(Ver.9.0.0)

最終更新日:2016年10月25日
バージョン:9.0.0

全てのライセンスで使用可能な機能

AssetView A(IT資産管理)
AssetView D(アプリケーション配布)
AssetView M(PC操作ログ管理)
AssetView I(個人情報検索)
AssetView G(デバイス制御)
AssetView S(不正PC遮断)
AssetView RC(リモートコンソール)

AssetView F(Webフィルタリング)
AssetView K(ファイル制御・暗号化)
AssetView V(ウイルス対策)
AssetView p(脆弱性対策)
AssetView Mail(電子メール監視)
AssetView REC(画面操作録画)
AssetView ID(ID監査)
AssetView MDM(スマートデバイス管理)
AssetView ACL(アクセス監査)


ライセンス 機能名 説明
全てのライセンスで使用可能な機能 基本インベントリ情報の取得 クライアントPCから、OSとネットワークに関連する基本的な情報を取得します。

・マシン名
・IPアドレス
・MACアドレス
・サブネットマスク
・ドメイン/ワークグループ名
・Active Directory ドメイン名
・ログオンユーザー名
・ログオンユーザーフルネーム
・OS名
・OSサービスパック
・OS種別
・OSバージョン
・OSビルド番号
・OSプロダクトID
・地域と言語(システムロケール)
・AssetView クライアントバージョン
・タイムゾーン
アンケートによるユーザー情報取得 クライアントPCから、アンケートにより以下の情報収集を行います。

・所属部署
・氏名
・氏名(ふりがな)
・メールアドレス
クライアントPCで、アンケートを選択して実行する
(アンケートランチャー)
クライアントPCのスタートメニューに登録されている[アンケートランチャー]で、自身を対象に登録されているアンケートを選択して、任意のタイミングで実行することができます。
メッセージ配信 指定したスケジュールで、クライアントPCに任意のメッセージを表示します。
電源管理機能 クライアントPCの電源オプションの設定を変更することができます。
スクリーンセーバー管理機能 クライアントPCのスクリーンセーバーの設定を変更することができます。
スタートメニュー登録有無の選択 AssetView クライアントインストール時に、スタートメニュー、プログラムの追加と削除への登録有無を選択することができます。
クライアントPCを使用しているユーザーに、AssetView がインストールされていることを意識させない運用が可能です。
クライアントアンインストールパスワード アンインストール時にパスワードを要求することで、ユーザーが故意に AssetView クライアントをアンインストールすることを防止します。
ハードウェアの手動追加 AssetView クライアント以外のハードウェアを、手動で登録して管理することができます。
ハードウェア情報のインポート CSVファイルからハードウェア情報をインポートして、AssetView クライアント以外のハードウェアの一括登録、ユーザー追加列の一括編集、所属グループの変更を行うことができます。
管理アカウントの登録 管理コンソールにログオンするアカウントを複数登録することができます。
各管理者に適切な権限を設定することで、円滑な管理を行うことができます。
管理アカウントの権限設定 管理アカウントごとに、権限と管理対象とするグループを設定することができます。
管理アカウントの個別機能設定 管理アカウントごとに、管理コンソールで有効にする機能を個別設定することができます。
グループの自動振り分け アンケートの回答結果と、インベントリ情報の値を条件として、クライアントPCの所属グループを自動的に振り分けることができます。
Active Directory の組織単位(OU)をグループ情報にインポートする Active Directory の組織単位(OU)を、所属グループにインポートすることができます。
組織単位(OU)と同名のグループにクライアントPCを移動することも可能です。
Active Directory からのユーザー情報取得 Active Directory から、クライアントPCにログオンしているドメイン ユーザーの情報をインポートすることができます。

・表示名
・電子メール
・部署
・役職
・上司
・事業所
・電話番号
・Webページ
・携帯電話
・IP電話
・会社名
グループの表示順変更 グループツリーで同じ階層に表示されるグループの並び順を、任意に変更することができます。
任意の列追加(ユーザー追加列) ハードウェアのインベントリ情報として任意の列(ユーザー追加列)を追加することができます。
カスタムビュー 管理者ごとに、任意の条件でハードウェアの情報をカテゴリ分けして表示するビューを作成することができます。
リモートインストーラー 管理コンソールから、ネットワーク上のPCに対して AssetView クライアントのリモートインストールを行うことができます。
インストール対象のPCを、CSVファイルで指定することも可能です。
帯域調整 AssetView クライアントと、アプリケーションサーバー間の通信速度を調整することができます。
クライアントPCの自動削除 指定期間更新のないクライアントPCを、自動的にマスター情報から削除することができます。
AssetView クライアントの自動更新 各クライアントPCにインストールされている AssetView クライアントを、自動的に最新バージョンに更新することができます。
分散配布(マルチキャスト配信) クライアントPC同士で配布対象ファイルを共有することで、拠点間のネットワーク負荷を軽減します。

・ファイル配布タスクのキャッシュデータ管理
・各クライアントPCの分散配布機能動作状況の取得
・レジューム機能による通信再開
・通信速度の制御
・ハッシュ値による整合性チェック
自動レポート ログデータを自動的に集計し、管理者にメール通知する機能です。

・アラート集計
・ライセンス管理リスト(A)
・USBデバイスリスト(G)
アラートメール アラートログを出力したクライアントPCの情報を、管理者にメール通知します。
WOLでOS起動コマンドを送信する Wake On LANに対応したPCに対して、管理コンソールから電源を起動するコマンドを送信します。
vPro でコマンドを送信する インテル vPro テクノロジーに対応したPCに対して、管理コンソールから以下のコマンドを送信します。

・電源ON
・電源OFF
・再起動
vPro KVM(キーボード/ビデオ/マウス)リモート コントロール機能のオン/オフ インテル vPro テクノロジーに対応したPCに対して、管理コンソールからKVMリダイレクションの有効/無効を制御します。
スタンドアロンPCからのログデータ収集/運用ポリシー反映
(スタンドアロン対応ツール)
サーバーにネットワーク接続できないクライアントPCであっても、USBメモリなどを経由してログデータの収集と運用ポリシーの反映を行うことができます。
データベースのバックアップ 設定したスケジュールに従って、データベースを自動的にバックアップします。
バックアップデータの閲覧 バックアップデータを『閲覧用データベース』に指定することで、現在の運用データに影響を与えることなくバックアップデータを閲覧することができます。
運用ポリシー/システム設定のエクスポート 現在データベースに登録されている、運用ポリシーとシステム設定の情報をエクスポートします。
運用データベースに問題が発生した場合、このデータをインポートすることで復旧することができます。
サーバー稼働状況報告 AssetView のデータベース、アプリケーションサーバーのディスク使用量、クライアント数等の情報をシステム管理者にメールで通知します。
サーバーディスク容量警告 AssetView のデータベースサーバー、アプリケーションサーバーのディスク使用量が、しきい値を下回ると、システム管理者にメールで通知します。
ナビゲーション 組織全体に適用するセキュリティとコンプライアンスのレベルに応じて、関連する運用ポリシーの設定を最適化します。
管理コンソール操作履歴 AssetView の管理コンソールで、誰が、いつ、どのような操作を行ったかを検索することができます。
IPアドレス管理 マスター情報に登録されているハードウェアに対して、IPアドレスの割当管理を行うことができます。
フィルター 管理コンソールに表示されているログデータの、任意の値を含む行だけをフィルター表示することができます。
CSVファイルへのエクスポート 現在管理コンソールに表示されているログデータを、CSVファイルにエクスポートすることができます。
管理コンソール表示履歴 管理コンソールの画面表示の履歴から、「戻る」、「進む」などの操作で画面遷移することができます。
管理コンソールの文字列コピー 管理コンソールに表示しているログデータ等の文字列を、コピーすることができます。
L2Blocker連携 L2Blockerが保持するハードウェア情報、検知ログ、アラート情報、制御設定をAssetViewに連携し、ログの閲覧、制御設定の変更を行うことができます。
AssetView A
(IT資産管理)
ハードウェア情報の取得 クライアントPCから、ハードウェアに関連するインベントリ情報を取得します。

・ベンダー名
・モデル名
・BIOSバージョン
・BIOSシリアル番号
・キーボード種別
・メモリ容量
・ハードウェア情報取得時の空きメモリ
・ハードウェア情報取得時の仮想メモリ
・システムドライブ容量
・システムドライブ空き領域
・Windowsフォルダー
・PCの説明
・ディスプレイデバイス名
・Internet Explorerバージョン
・MDACバージョン
・Outlook Expressバージョン
・Windows Media Playerバージョン
・Direct Xバージョン
・.Net Frameworkバージョン
・画面の解像度
ドライブ情報の取得 ハードウェア情報として、クライアントPCのドライブごとに以下の情報を取得します。

・ローカルディスクドライブの、空き容量/ディスク容量
・ネットワークドライブの接続先共有フォルダーのUNCパス
・ドライブの種別(FD/SD、CD/DVD、リムーバブル、Secure Drive)
CPU情報の取得 ハードウェア情報として、クライアントPCのCPUから以下の情報を、最大32CPU分取得します。

・ベンダー名
・モデル名
・クロック数
プリンター情報の取得 ハードウェア情報として、クライアントPCに登録されているプリンタードライバーから以下の情報を、最大20件分取得します。

・プリンターの名前
・プリンターのポート番号
NIC情報の取得 ハードウェア情報として、クライアントPCのNICごとに設定されている以下の情報を、最大10件分取得します。

・デバイス名
・MACアドレス
・DHCP設定
・IPアドレス
・サブネットマスク
・デフォルトゲートウェイ
・優先DNSサーバー
・代替DNSサーバー
・優先WINSサーバー
・代替WINSサーバー
任意のINIファイルの値の取得 任意のINIファイルの値を、ハードウェア情報の取得対象に追加します。
任意のレジストリの値の取得 任意のレジストリの値を、ハードウェア情報の取得対象に追加します。
任意のアンケートによる情報取得 クライアントPCから、任意のアンケートによる情報収集を行います。
アンケートの回答結果表示 クライアントPCから収集したアンケートの回答結果を、表示対象列に追加することができます。
デスクトップの付箋表示 クライアントPCのデスクトップにハードウェア情報または任意の文字列を表示します。
プログラムの追加と削除からの情報取得 クライアントPCの『プログラムの追加と削除』に登録されているアプリケーションの、以下の情報を収集します。

・アプリケーション名
・インストール日付
・バージョン
・会社名
Microsoft Officeの情報取得 クライアントPCにインストールされている Microsoft Office の、以下の情報を収集します。

・アプリケーション名
・インストール日付
・サービスパック
・製品バージョン
・プロダクトID
・インストールパス
・GUID
Adobe社アプリケーションの情報取得 クライアントPCにインストールされている、以下のアプリケーションの情報を収集します。

・Adobe Reader(Adobe Acrobat Reader)
・Adobe Acrobat
・Adobe Illustrator
・Adobe Photoshop
・Adobe Creative Suite

各アプリケーションからは、以下の情報を取得します。

・アプリケーション名
・インストール日付
・製品バージョン
・プロダクトID
・インストールパス
JustSystems社アプリケーションの情報取得 クライアントPCにインストールされている、以下のアプリケーションの情報を収集します。

・一太郎
・花子

各アプリケーションからは、以下の情報を取得します。

・アプリケーション名
・製品バージョン
・プロダクトID
・インストールパス
Autodesk社アプリケーションの情報取得 クライアントPCにインストールされている、以下のアプリケーションの情報を収集します。

・AutoCAD
・AutoCAD Electrical
・AutoCAD Mechanical
・AutoCAD Civil
・AutoCAD LT
・AutoCAD MAP 3D
・AutoCAD Architecture
・AutoCAD Inventor
・AutoCAD Inventor LT

各アプリケーションからは、以下の情報を取得します。

・アプリケーション名
・製品バージョン
・プロダクトID
・インストールパス
ウイルス対策ソフトの情報取得 クライアントPCにインストールされている、以下のウイルス対策ソフトの情報を取得します。

・トレンドマイクロ社(TrendMicro ウイルスバスター)
・マカフィー社(McAfee VirusScan/Total Protection)
・シマンテック社(Norton AntiVirus/Symantec Endpoint Protection)
・キヤノンITソリューションズ社(ESET Smart Security/ESET NOD32アンチウイルス)
・カスペルスキー社(Kaspersky End)
Hotfixの情報取得 各クライアントPCに適用されている、Hotfixの情報を取得します。

・表示名
・KB番号
・適用日時
任意の実行ファイルの情報取得 全てのユーザーアカウントのスタートメニュー、デスクトップ、クイック起動に登録されているショートカットから実行ファイルを検索し、以下の情報を取得します。

・実行ファイル名
・ファイルバージョン
・会社名
・製品名
・著作権
・ファイル作成日時
・ファイル更新日時
・ファイルパス

任意のファイルパスと、ファイル名を検索対象に追加することもできます。
Windows ストア アプリの情報取得 ショートカットの情報として、Windows ストア アプリの情報を取得します。

・実行ファイル名(パッケージ名)
・ファイルバージョン
・会社名
・製品名
・ファイル作成日時
・ファイル更新日時
・ファイルパス
任意のドキュメントファイルの検索 クライアントPCから、任意のファイル名を検索します。

・ファイル名
・ファイルサイズ
・ファイル作成日時
・ファイル更新日時
・ファイルパス
OS/アプリケーションのライセンス管理 クライアントPCから収集した情報をもとに、アプリケーションの購入数と実際にインストールされている件数の差分を確認することができます。
ライセンス形態別のライセンス情報登録 ライセンス種別、ライセンス形態に応じたライセンス情報を登録することができます。
AssetView クライアント以外のハードウェアを、管理対象にすることも可能です。
ソフトウェア辞書のインポート 保守ユーザーページからダウンロードしたソフトウェア辞書(有償)を、管理対象ソフトウェアにインポートすることが可能です。
ソフトウェアグループ エディションやバージョンにより、『ソフトウェア名』が異なるソフトウェアを、まとめて管理することができます。
ライセンス割当て管理 ライセンスごとに、該当のソフトウェアの利用を許可するクライアントPCを割当てることができます。
ライセンス利用申請 クライアントPCから、ライセンス登録されているソフトウェアの利用許可(割当て)を申請することができます。
ソフトウェア資産管理台帳 以下のソフトウェア資産管理台帳を作成することができます。

・利用ソフトウェア台帳
・ライセンス台帳
・ライセンス関連部材台帳
ハードウェア情報のアラート通知 以下の条件に該当するハードウェア情報を取得したら、管理者にアラートメールを送信します。

・システムドライブの空き容量不足
・IPアドレス重複
・MACアドレス重複
アプリケーション情報のアラート通知 指定した文字列を含むアプリケーション情報を取得したら、管理者にアラートメールを送信します。
死活監視 指定したIPアドレスに対して、pingによる死活監視とSMNPによる情報の取得を行います。
AssetView D
(アプリケーション配布)
ファイル自動配布 クライアントPCに対して、任意のファイルを配布するタスクを登録することができます。
プログラム自動実行 クライアントPCに対して、任意のコマンドを実行するタスクを登録することができます。
INIファイル自動編集 クライアントPC上の、任意のINIファイルを編集するタスクを登録することができます。
レジストリ自動編集 クライアントPC上の、任意のレジストリ値を編集するタスクを登録することができます。
OSシャットダウン/再起動の自動実行 クライアントPCの、OSシャットダウン/再起動を実行するタスクを登録することができます。
OS起動時に実行 OS起動時に自動実行するタスクを、登録することができます。
OSログオン時に実行 OSログオン時に自動実行するタスクを、登録することができます。
指定時間にランダムに開始 指定した時間帯の範囲で、ランダムに開始するタスクを登録することができます。
クライアントPCごとに、異なるタイミングでタスクを実行することで、ネットワークの負荷を分散することができます。
クライアントPCで、タスクを選択して実行する
(タスクランチャー)
クライアントPCのスタートメニューに登録されている[タスクランチャー]で、自身を対象に登録されているタスクを選択して、任意のタイミングで実行させることもできます。
ファイル配布/プログラム実行タスクのアラート通知 タスクが失敗したら、管理者にアラートメールを送信します。
Macromation(マクロメーション) Windows上で行った操作を記録し、実行ファイルに保存して再現することができます。
マウスやキーボードの操作に条件判断を設定することで、あらゆる処理を自動化することが可能です。
WSUS連携 WSUS環境における更新プログラムの適用を行うタスクを登録することができます。
スクリプト連携 弊社から提供したスクリプトを配布/実行するタスクを登録することができます。
AssetView M
(PC操作ログ管理)
プロセスログの取得 クライアントPCで起動している、プロセスの情報を取得します。

・プロセス名
・アカウント名
・バージョン
・起動日時
・起動していた時間
ホワイトリストプロセス登録機能 プロセス名若しくはフォルダーパスを登録し、対象となるプロセス以外のプロセス起動に対し、警告メッセージ表示または強制終了処理を行います。
アラートプロセス起動警告 任意の実行ファイルの起動を検知して、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
アラートプロセス起動禁止 任意の実行ファイルの起動を検知して、自動的に強制終了します。
プロセス停止監視 任意のプロセスの停止を検知して、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
ウィンドウタイトルログの取得 クライアントPCでアクティブになっているウィンドウの情報を取得します。

・プロセス名
・ウィンドウタイトル
・URL(Internet Explorerの場合)
ウィンドウタイトル警告 任意の文字列を含むウィンドウタイトルがアクティブになった際に、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
ウィンドウタイトル警告時のスクリーンショット取得
(AssetView RECライセンス連携機能)
ウィンドウタイトル警告時に、デスクトップのスクリーンショットを取得することができます。
クリップボード操作ログの取得 クライアントPCで行われた、以下のクリップボード操作を取得します。

・文字列のコピー
・ファイルのコピー
・画像のコピー/プリントスクリーン
QQチャットログの取得 テンセントQQ(インスタントメッセンジャー)でチャットした際に送受信された文字列を取得します。
メール送信ログの取得 クライアントPCのメール送信を検知して、以下の情報を取得します。

・件名
・送信日時
・送信元メールアドレス
・送信先メールアドレス
・添付ファイル名
Webフォーム送信ログの取得 クライアントPCからWebサイトへの書き込みを検知して、以下の情報を取得します。

・接続先IPアドレス
・ポート番号
・URL
・本文(送信データ)
Google Apps操作ログの取得 Google Chromeで操作した、以下のGoogle Appsの情報を取得します。

・Google ドライブ
・Gmail
・Google カレンダー
・Google グループ
Webアクセスログ取得 クライアントPCのWebアクセス(HTTP GET)を検知して、接続先URLの情報を取得します。
Webアクセス禁止 指定したURLへのアクセスを禁止します。
ファイル操作ログの取得 クライアントPCで行われた、ファイル操作の情報を取得します。

・操作対象のファイル名
・操作対象のファイルパス
・操作元のドライブ種別
・変更後のファイル名
・プロセス名
・コピー/移動先のファイルパス
・コピー/移動先のデバイス情報
メール添付ログの取得 メール作成時に指定した添付ファイルの情報を取得します。

・操作対象のファイル名
・操作対象のファイルパス
・プロセス名
・操作元のドライブ種別
印刷ログの取得 クライアントPCで印刷された、ドキュメントの情報を取得します。

・ドキュメント名
・ファイル名
・プリンター名
・印刷枚数
・印刷データタイプ
HTTPでのファイルアップロードログの取得 クライアントPCから、Webサイトにアップロードされたファイルの情報を取得します。
Internet Explorerでの操作であれば、HTTPSでのファイルアップロードも取得することができます。

・操作対象のファイル名
・操作対象のファイルパス
・アップロード先のURL
FTPでのファイルアップロードログの取得 クライアントPCから、FTPサーバーにアップロードされたファイルの情報を取得します。

・操作対象のファイル名
・アップロード先のIPアドレス
ファイル操作警告 指定したファイル名、またはファイルパスを含むファイルの操作を検知した際に、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
ファイル操作禁止 指定したファイル名、またはファイルパスを含むファイルの操作を禁止します。
個人/機密情報のファイル操作時検出
(AssetView I ライセンス連携機能)
個人/機密情報が含まれる可能性のあるファイル操作を検知して、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
個人/機密情報ファイル自動暗号化
(AssetView I/K ライセンス連携機能)
個人/機密情報が含まれる可能性のあるファイル操作を検知して、自動的に暗号化します。
リムーバブルディスクにコピー/移動したファイルの自動暗号化
(AssetView K ライセンス連携機能)
USBデバイス、ポータブルデバイスにコピー/移動したファイルを自動的に暗号化します。
日本語環境以外での警告メッセージ クライアントPCの環境に応じて、以下の言語で警告メッセージを表示することができます。

・日本語
・中国語(簡体字)
・英語(日本語/中国語以外)
ドライブの追加と削除の情報取得 ドライブの追加と削除を検知して、以下の情報を取得します。

・ドライブ種別(ローカルディスク、リムーバブルディスク、ネットワークドライブ、FD、CD/DVD、ポータブルデバイス)
・ドライブ名
・UNCパス(ネットワークドライブの場合)
・デバイス名(USBデバイス/ポータブルデバイスの場合)
・ベンダー(USBデバイス/ポータブルデバイスの場合)
・プロダクトID(USBデバイス/ポータブルデバイスの場合)
・シリアルナンバー(USBデバイス/ポータブルデバイスの場合)
稼働状況の取得 以下のイベントを検知して、情報を取得します。

・AssetView クライアント起動
・OSログオン
・OSログオフ
・スリープ
・スリープ解除
・スクリーンセーバー
・スクリーンセーバー解除
・OSシャットダウン要求
・OSシャットダウン
Windowsファイアウォール管理 クライアントPCのWindowsファイアウォールに、アクセスを禁止するIPアドレスの設定を登録することができます。
右クリック/Ctrl+Pの禁止 指定したウィンドウタイトルがアクティブになると、コンテキストメニューの表示またはCtrl+P/Ctrl+Shift+Pキー(印刷ダイアログ表示)を禁止します。
クリップボード禁止 指定したプロセスが起動している間、クリップボードへの文字列または画像のコピーを禁止します。
操作履歴検索 条件を指定して、クライアントPCの操作履歴ログを検索します。
検索条件の保存 操作履歴の検索条件に名前をつけて保存することができます。
操作履歴のマーキング 任意の操作履歴ログをマーキングすることができます。
ファイル操作の追跡 クライアントPCから取得したファイル操作ログから、特定のファイルの操作履歴を追跡することができます。
USBデバイス使用状況のエクスポート 指定した期間に、各クライアントPCに接続されたUSBデバイスの情報を、CSVファイルに出力します。
稼働状況グラフ表示 ハードウェア、アプリケーション、ドキュメントそれぞれの視点で、クライアントPCの24時間の稼働状況をグラフ表示し、アラートを検知した時間を赤で表示します。
不正操作検出のアラート通知 以下の条件に該当する操作を検知したら、管理者にアラートメールを送信します。

・警告プロセスの起動
・禁止プロセスの起動
・停止監視プロセスの停止
・ウィンドウタイトル警告
・ファイル操作警告
・ファイル操作禁止
AssetView I
(個人情報検索)
特定個人情報ファイルの検索 クライアントPCから、特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)に該当する可能性のあるファイルを検索します。

・ファイル名
・ファイルサイズ
・ファイル作成日時
・ファイル更新日時
・ファイルパス
個人情報ファイルの検索 クライアントPCから、個人情報を含む可能性のあるファイルを検索します。

・ファイル名
・ファイルサイズ
・ファイル作成日時
・ファイル更新日時
・ファイルパス
機密情報ファイルの検索 クライアントPCから、任意の文字列を含むファイルを検索します。

・ファイル名
・ファイルサイズ
・ファイル作成日時
・ファイル更新日時
・ファイルパス
圧縮ファイルからの個人/機密情報検出 ZIP、またはLZH形式で圧縮されたファイルから、個人/機密情報を検索することができます。
個人/機密情報ファイル自動暗号化
(AssetView K ライセンス連携機能)
個人/機密情報ファイルを検出した際に、自動的に暗号化します。
個人/機密情報ファイルの隔離 管理コンソールから指定した個人/機密情報ファイルを、ユーザーからアクセスできない場所に隔離します。
検出時に自動的に隔離することも可能です。
個人/機密情報ファイルの削除 管理コンソールから指定した個人/機密情報ファイルを削除します。
個人/機密情報ファイルの完全削除 管理コンソールから指定した個人/機密情報ファイルを削除すると同時に、ディスク上からデータの痕跡を消し去ることで、復元ツールなどを利用しても該当のファイルを復旧できないようにします。
対象外ファイルの指定 次回検索時から、個人/機密情報として扱わないようにするファイルを指定することができます。
個人/機密情報検出のアラート通知 個人/機密情報ファイルが検出されたら、管理者にアラートメールを送信します。
AssetView G
(デバイス制御)
USBデバイスの情報取得 クライアントPCに接続したUSBデバイスの情報を取得します。

・デバイス名
・ベンダー
・プロダクトID
・シリアルナンバー
USBデバイスの個別制御 USBデバイスを個体識別して、使用を制御します。

・書込み許可
・読込み専用
・使用禁止
未定義のUSBデバイスの設定 新規に検知したUSBデバイスの初期設定を変更することができます。

・書込み許可
・読込み専用
・使用禁止
USBデバイス制御時の警告メッセージ 使用を禁止しているUSBデバイスの接続、読込み専用に設定したUSBデバイスへの書き込みを検知して、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
USBデバイス接続警告 USBデバイスの接続を検知して、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
指定期間更新されていないUSBデバイスの使用禁止 指定した日数接続されていないUSBデバイスを、自動的に使用禁止にすることができます。
USBデバイスに格納されているファイル情報の取得
(AssetView M ライセンス連携機能)
USBデバイスの接続を検知した際に、該当のUSBデバイスに格納されているファイルの情報を取得します。
FD/SDカードの制御 FD/SDカードドライブの使用を制御します。

・書込み許可
・読込み専用
・使用禁止
FD/SDカード制御時の警告メッセージ FD/SDカードへの書き込み禁止時に、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
メディア識別 以下のデバイスを対象に、個々のメディアを識別して個別制御することができます。

・USBデバイス
・SDカード
・MO
CD/DVD/Blu-rayの制御 CD/DVD/Blu-rayドライブの使用を制御します。

・書込み許可
・読込み専用
・使用禁止
ライティングソフトの起動禁止 CD/DVD/Blu-rayを読込み専用、または使用禁止にした際に、以下のライティングソフトの起動を禁止します。

・B's Recorder GOLD 11
・Nero 9 StartSmart Essentials
・Roxio Easy Media Creator 10
CD/DVD/Blu-ray制御時の警告メッセージ CD/DVD/Blu-rayへの書き込み禁止時に、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
共有フォルダーの制御 共有フォルダーでのファイル操作を制御します。

・書込み許可
・読込み専用
・使用禁止
共有フォルダー制御時の警告メッセージ 共有フォルダーへの書き込み禁止時に、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
ポータブルデバイスの情報取得 スマートフォン、オーディオプレーヤー、デジタルカメラ等、Windows ポータブルデバイスとして認識されるデバイスが接続された際に、以下の情報を取得します。

・デバイス名
・ベンダー
・プロダクトID
・シリアルナンバー
ポータブルデバイスの個別制御 ポータブルデバイスを個体識別して、使用を制御します。

・使用許可
・使用禁止
未定義のポータブルデバイスの設定 新規に検知したポータブルデバイスの初期設定を変更することができます。

・使用許可
・使用禁止
ポータブルデバイス制御時の警告メッセージ 使用禁止ポータブルデバイスの接続、警告対象とするファイルの書き込みを検知した際に、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
MOの個別制御 MOドライブを個体識別して、使用を制御します。

・書込み許可
・読込み専用
・使用禁止
未定義のMOの設定 新規に検知したMOの初期設定を変更することができます。

・書込み許可
・読込み専用
・使用禁止
Bluetoothの制御 Bluetoothデバイスを無効にすることができます。
日本語環境以外での警告メッセージ クライアントPCの環境に応じて、以下の言語で警告メッセージを表示することができます。

・日本語
・中国語(簡体字)
・英語(日本語/中国語以外)
デバイス管理番号 クライアントPCから検知した個々のデバイスに対して、自動的にデバイス管理番号を発行します。
デバイス種別の変更 管理コンソールで、デバイス種別を任意に変更することができます。

・USBデバイス
・FD/SDカード
・ポータブルデバイス
・MO
デバイス種別の自動判定 クライアントPCから検知したUSBデバイス、またはポータブルデバイスのデバイス名を条件として、デバイス種別を自動的に変更することができます。
特権ユーザー Active Directory ユーザーを対象に、デバイス制御の適用対象から除外する『特権ユーザー』を設定することができます。
特権ユーザーの自動判定 組織単位(OU)の『役職』を条件として、自動的に特権ユーザーを設定することができます。
特権クライアント デバイス制御の対象から除外する、『特権クライアント』を設定することができます。
USBデバイス利用申請 クライアントPCから、特定のUSBデバイスの制御設定変更の申請を行うことができます。
指定した申請書のファイル(Excel)を起動し、シリアルナンバー等の値を自動的に転記します。
USBデバイス制御申請 クライアントPCから、特定のUSBデバイスの制御設定を一時的に変更する申請を行うことができます。

管理者は、申請を承認/否認するだけでなく、申請された内容を変更することも可能です。
デバイス制御の申請 クライアントPCから、以下のデバイスの制御設定を一時的に変更する申請を行うことができます。

・FD/SDカード
・CD/DVD/Blu-rayドライブ
・共有フォルダー

管理者は、申請を承認/否認するだけでなく、申請された内容を変更することも可能です。
クライアントPCでの承認 管理アカウントにクライアントPCを割当てることで、管理コンソールだけでなくクライアントPCでもUSBデバイス申請/デバイス制御申請を承認することができます。
デバイス利用申請時の自動暗号化設定
(AssetView K ライセンス連携機能)
デバイス制御申請で申請したデバイスにファイルを保存する際に、自動的に暗号化することができます。
USBデバイスの一時ポリシー設定 管理コンソールから、クライアントPC、またはグループに対して、特定のUSBデバイスの制御設定を一時的に変更することができます。
デバイス制御の一時ポリシー設定 管理コンソールから、クライアントPCに対して、以下のデバイス制御設定を一時的に変更することができます。

・FD/SDカード
・CD/DVD/Blu-rayドライブ
・共有フォルダー
解除コード 管理コンソールで発行した解除コードを入力することで、サーバーにネットワーク接続できないクライアントPCのデバイス制御設定を一時的に変更することができます。
デバイス制御状態のグラフ表示 クライアントPCに現在登録されている、デバイス制御の運用ポリシーと一時設定をもとに、将来適用されるデバイス制御の状態をグラフ表示します。
USBデバイスの棚卸 各機器に貼られている管理番号と該当の機器を利用している社員番号の組合せをキーとして、利用者からの申請、または管理コンソールで登録したUSBデバイスをリスト化します。
申請情報の通知 管理対象のクライアントPCから、USBデバイス申請/デバイス制御申請が登録されたことを、管理者にメールで通知します。
管理アカウントにクライアントPCが割当てられていた場合は、バルーンでも通知します。
デバイス設定のインポート CSVファイルからデバイスの設定情報をインポートして、一括設定することができます。
USBデバイスの棚卸 各機器に貼られている管理番号と該当の機器を利用している社員番号の組合せをキーとして、利用者からの申請、または管理コンソールで登録したUSBデバイスをリスト化します。
デバイス制御のアラート通知 以下の条件に該当する操作を検知したら、管理者にアラートメールを送信します。

・使用禁止USBデバイスの接続
・使用禁止ポータブルデバイスの接続
・読込み専用USBデバイスへの書込み
・読込み専用デバイスへの書込み
セーフモード時のデバイス制御 『セーフモードとネットワーク』または、『セーフモードとコマンドプロンプト』でOSが起動された場合は、スクリーンロックをかけ、OSの操作を制御します。また、『セーフモード』で起動された場合は、接続されたデバイスを使用禁止で制御します。
AssetView S
(不正PC遮断)
ハードウェアの検知 ネットワーク上から、AssetView クライアント以外のハードウェアを自動的に検知します。
ハードウェア情報の自動登録 ネットワーク上から検知した、AssetView クライアント以外のハードウェアを、マスター情報に自動的に登録します。
許可されていないハードウェアの遮断 許可されているハードウェア以外を、ネットワークから遮断します。
IPアドレスごとの制御設定 検知したハードウェアから要求されたIPアドレスの範囲によって、制御設定を変更することができます。

・遮断する
・検知する
・何もしない
ネットワーク検知/遮断のアラート通知 ネットワークからハードウェアを検知、遮断したら、管理者にアラートメールを送信します。
AssetView RC
(リモートコンソール)
リモートデスクトップ クライアントPCのデスクトップをリモート操作します。
メッセージ送信 クライアントPCに、任意のメッセージを送信します。
プログラム実行 クライアントPCに、任意のコマンドを送信します。
シャットダウン クライアントPCに、OSシャットダウン、ログオフ、再起動等のコマンドを送信します。
インストール ネットワーク上のPCに、RCクライアントをリモートインストールします。
アンインストール クライアントPCから、RCクライアントをリモートアンインストールします。
AssetView F
(Webフィルタリング)
社内/社外のPCに対するインターネットアクセス制御 クラウド上のサーバーを参照してフィルタリングを行うため、クライアントPCが社外にあってもWebアクセスを制御することができます。
プログラム利用規制 ファイル共有ソフトやメッセンジャーなど、指定したプログラムの通信を規制することができます。
高精度データベース 日本国内の携帯電話キャリア5社にも採用された、高品質のURLデータベースを保有しています。
カテゴリフィルタリング 82種類のカテゴリでフィルタリングを行います。
※ユーザー設定カテゴリを含みます。
フィルタリング設定 カテゴリごとに利用状況に応じたフィルタリング設定が可能です。

・許可
・書込み規制
・規制
書き込み規制のサイズ指定 書込み規制を規制する際にサイズを指定することができます。
HTTPSサイトのフィルタリング HTTPSサイトへのアクセスもフィルタリングすることができます。
AssetView K
(ファイル制御・暗号化)
暗号ファイル作成 指定したファイルを暗号化(AES 256bit)することができます。
Active Directory 連携 Active Directory からユーザー情報をインポートすることができます。
許可されたアカウントでOSにログオンしていれば、パスワードを入力せずに暗号化ツールを起動することができます。
アカウント指定でのアクセス権設定 暗号ファイルを閲覧する権限を、アカウント単位で設定することができます。
グループ指定でのアクセス権設定 暗号ファイルを閲覧する権限を、グループ単位で設定することができます。
パスワード指定でのアクセス権設定 パスワードのみで暗号ファイルを閲覧する権限を設定することができます。
暗号ファイルの制御 暗号化したファイルを閲覧する際の制限を設定することができます。

・閲覧回数
・閲覧期限
・保存禁止
・印刷禁止
・文字列や画像のコピー、Print screenの禁止
閲覧制限を越えたファイルの削除 閲覧回数、閲覧期限を超過した暗号ファイルを閲覧しようとした際に、該当のファイルを削除することができます。
暗号化ファイルのパスワード変更 すでに暗号化されたファイルの場合でも、管理者は復号に必要なパスワードを変更することができます。
また、パスワードモードで暗号化されたファイルを暗号化ツールを使用することで、一括でパスワードを変更することができます。
クラウドストレージ自動暗号化 クラウドストレージ(Dropbox/OneDrive/OneDrive for Business)のアプリケーションをクライアントにインストールしている場合、クラウドストレージとの同期に使用されるローカルのフォルダに配置されたファイルを自動暗号化することができます。
メール添付ファイルの自動暗号化 Microsoft Outlookで送信したメールの添付ファイルを、管理者が指定した設定で自動的に暗号化することができます。
メール添付ファイルの自動ZIP形式圧縮化 Microsoft Outlookで送信したメールの添付ファイルを、管理者が指定した設定で自動的にパスワード付きZIP形式で圧縮化することができます。
複合ツール 復号ツール単体のインストーラーを提供することができます。
インターネットに接続可能な環境であれば、AssetView がインストールされていない環境でも暗号ファイルの閲覧が可能です。
自己復号形式での暗号化 自己復号形式(EXE)で、暗号ファイルを作成することができます。
インターネットに接続可能な環境であれば、復号ツールがインストールされていない環境でも暗号ファイルを閲覧することができます。
クライアントPCでのアカウント作成 暗号ファイルを社外に提供する場合などに、クライアントPCの暗号化ツールで閲覧専用のアカウントを作成することができます。
暗号ファイルの操作履歴 管理コンソールで、暗号ファイル作成、閲覧の履歴を表示することができます。
暗号ファイルの設定変更 管理コンソールで、暗号ファイルのアクセス権や制御設定を変更することができます。
個人/機密情報の検出
(AssetView I ライセンス連携機能)
暗号ファイル作成時に、該当のファイルに個人/機密情報が含まれているかどうかを判定することができます。
管理者は、個人/機密情報が含まれる可能性があるファイルを暗号化する際に適用する制御設定の初期値を設定することができます。
フォルダーに配置したファイルの自動暗号化 指定したフォルダーに配置されたファイルを自動的に暗号化します。
アラート通知 以下の制限を越えた暗号ファイルがあれば、管理者にアラートメールを送信します。

・制限時間内に指定回数以上復号された
・業務時間以外に復号された
・指定したドメイン以外で復号された
AssetView V
(ウイルス対策)
ファイルモニター クライアントPC上で行われたファイルI/Oを監視し、リアルタイムにウイルス等の脅威を検知します。
メールモニター クライアントPC上で行われるメール送受信(SMTP/ESMTP/POP3/IMAP)を監視し、リアルタイムにウイルス等の脅威を検知します。
Webモニター クライアントPCのWebアクセスを監視し、リアルタイムにウイルス等の脅威を検知します。
ウイルススキャン 指定したスケジュールでクライアントPCのドライブをスキャンし、ウイルス等の検知を行います。
オンデマンドスキャン 任意のファイルやフォルダーを右クリックして、ウイルススキャンを即実行することができます。
USBデバイス接続時の自動スキャン USBデバイスの接続を検知して、該当のデバイスのウイルススキャンを実行することができます。
警告メッセージの表示 ウイルス等の脅威を検知した際に、クライアントPCに警告メッセージを表示します。
パターンファイルの即時更新 管理コンソール、またはクライアントPC自身で、パターンファイルのダウンロードを即時実行することができます。
隔離されたファイルの復元/削除 管理コンソール、またはクライアントPC自身で、隔離されたファイルを復元または削除できます。
パターンファイルのエクスポート/インポート オフラインで運用しているPCに、他のクライアントPCからエクスポートしたパターンファイルをインポートすることができます。
脅威が検知されたPCのアラート通知 クライアントPCからウイルス等の脅威を検知した際に、管理者にアラートメールを送信します。
AssetView P
(脆弱性対策)
脆弱性情報の入手 各ベンダーや勧告団体から、脆弱性情報を入手します。
ダウンロードサイト情報の確認 パッチファイルを入手するためのダウンロードサイト情報を確認できます。
脆弱性の有無の確認 入手した脆弱性情報と、クライアントPCの情報から脆弱性の有無を確認することができます。
パッチの配布・適用 クライアントPCに対して、パッチファイルを配布・適用するタスクを登録することができます。
AssetView Mail
(電子メール監視)
メール送信ログの取得(クライアント側キャプチャモード) クライアントPCのメーラーおよびInternet Explorerにメール送信を検知するアドオンを登録し、以下の情報を取得します。

・件名
・本文
・送信日時
・送信元メールアドレス
・送信先メールアドレス
・添付ファイル
メール送信ログの取得(サーバ側キャプチャモード) サーバーにてSMTPパケットをキャプチャし、以下の情報を取得します。

・件名
・本文
・送信日時
・送信元メールアドレス
・送信先メールアドレス
・添付ファイル
Becky! Internet MailでのSMTPSメール送信取得(クライアント側キャプチャモード) Becky! Internet Mailで、SMTPS(SMTP over SSL)で送信したメールの情報を取得することができます。
OutlookでのExchangeサーバーメール送信取得(クライアント側キャプチャモード) Microsoft Outlookで、Exchangeサーバーに送信したメールの情報を取得することができます。
WEBメールの取得(クライアント側キャプチャモード) Internet Explorer で送信した、以下のWebメールの情報を取得することができます。

・Yahoo Mail
・Gmail
・Office 365
メールログ検索 指定した期間のメール送信ログを検索します。
AssetView REC
(画面操作録画)
スケジュール録画 指定したスケジュールで、クライアントPCのデスクトップを録画することができます。
タイムシフト録画 バックグラウンドで常に録画を行うことで、即時録画を行った場合に現時点よりも過去に遡って録画を開始することができます。
マルチディスプレイ対応 複数のディスプレイを利用している環境では、最大4画面まで録画することができます。
録画データのエクスポート 録画データを、動画(AVI)または静止画(JPEG)で出力することができます。
AssetView ID
(ID監査)
アプリケーションへのログイン情報の取得 指定したアプリケーションにログインした際の情報を取得します。
Webブラウザでのログイン情報の取得 指定したURLにログインした際の情報を検知します。
ID監査のアラート通知 監査対象として指定したシステムに対する以下の条件でのログインを検知した際に、管理者にアラートメールを送信します。

・業務時間外のログイン
・1日に指定された回数を超えたログイン
・業務対象グループ以外のログイン
AssetView MDM
(スマートデバイス管理)
Android端末の管理 スマートフォンやタブレットなどの Android 端末を管理対象とすることができます。
iOS端末の管理 iPhone、iPadを管理対象とすることができます。
Windows MDMの管理 ノートPCや Windows タブレットなどを管理対象とすることができます。
MDMインストールメール送信 指定したメールアドレスに、Android/iOSアプリのインストールを案内するメールを送信することができます。
位置情報取得 位置情報を定期的に取得します。
リモートロック Android/Windows端末のOSをリモートロックします。
リモートワイプ Android/iOS端末のOSを初期化します。
Windows MDMでは、OSを起動できないようにします。
端末情報の取得 Android/iOS端末のハードウェア情報を取得します。

・電話番号
・IMEI
・IMSI
・SIMシリアル
・MACアドレス (iOS端末のみ)
・IPアドレス
・キャリア
・ベンダー
・モデル名
・OSバージョン
・UDIS
・デバイス名
・ビルドバージョン
・製品名
・製品番号
・シリアル番号
・ICCID
アプリ情報の取得 Android/iOS端末にインストールされているアプリの情報を取得します。

・アプリ名
・パッケージ名
・バージョン
・アプリのサイズ(iOSのみ)
・書類とデータ(iOSのみ)
アプリの起動/終了ログの取得 Android/iOS端末のアプリ起動/終了日時を取得します。
パスワードの変更 Andoroid端末のパスワードポリシーと、パスワードの値を変更することができます。
カメラ制御 Android端末に搭載されているカメラの有効/無効を制御します。
アプリ制御 Android端末にインストールされているアプリの起動を禁止することができます。
iOSの機能制限 iOS端末の機能制限を設定することができます。
Wifiの設定 iOSのWifi接続に関する設定を登録することができます。
VPNの設定 iOSのVPN接続に関する設定を登録することができます。
メールの設定 iOSのメール送受信に関する設定を登録することができます。
Webクリップの配信 iOSにWebクリップを配信することができます。
インハウスアプリの配信 iOSにインハウスアプリを配信することができます。
パスコードポリシーの変更 iOS端末のパスコードポリシーを変更することができます。
パスコードのリセット iOS端末のパスコードをリセットすることができます。
iPhone構成ユーティリティで作成した設定の配信 iPhone構成ユーティリティで作成した設定(mobileconfigファイル)を配信することができます。
ハードウェア情報に追加 Androi/iOS端末の情報を AssetView のマスタ情報に登録し、クライアント端末と同様に管理することができます。
AssetView ACL
(アクセス権限監査)
フォルダーのアクセス権取得 指定した共有フォルダーのアクセス権の情報を取得します。
Active Directory の情報取得 Active Directory に登録されている、ユーザーとコンピューターの情報を取得します。

AssetView 機能詳細一覧表(Ver.9.0.0)|IT統合管理ソフトウェア『AssetView(アセットビュー)』

『AssetView 機能詳細一覧表(Ver.9.0.0)』のページです。IT資産管理やライセンス管理をご検討ならハンモックの『AssetView』にお任せください。PC管理の課題を『統合管理』でまとめて解決します。今すぐ資料DL【無料】
IT資産管理、ログ管理などのIT統合管理ソフトウェア『AssetView』はPCのセキュリティ対策や情報漏洩対策を強化し、業務効率化やPCのライフサイクル管理を支援します。 IT管理スタイルの数だけ、変幻自在。必要な機能やサービスをオーダーメイド感覚でご提供します。 多彩な機能から必要なもののみを選んで導入することができ、それぞれが安価なためコスト削減を実現します。

ページ先頭へ

ご購入前のFAQ

セキュリティパッケージ

イベント情報

イベント情報

イベント情報

アービーのご紹介

メールマガジン

ページ先頭へ

sp 
gray
<AssetView 機能詳細一覧表(Ver.9.0.0) - AssetView>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation