ハンモック ホーム

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、
データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。


AssetView ご購入前のFAQ

[ I - 個人情報検索|運用方法について ]

更新日:2011年04月18日

Q.049 『個人情報/機密情報を含む可能性のあるファイル』を見つけた後、どのような運用方法がありますか?

次のような運用例があります。

<運用例>
現状把握を行ってから精査していく場合の運用例

  1. 『個人情報/機密情報を含む可能性のあるファイル』情報を収集します。
  2. 収集した結果をエクスポートしてマシン名、所属グループといった情報などから利用者を特定します。
  3. 利用者の所属部門の上長に情報を提供して部門内で精査をしてもらいます。※グループ管理者、グループ閲覧者等の権限を付与して置くことで管理コンソールを利用して各所属部署の上長が状況を把握することも可能です。
  4. 精査後、
    • 個人情報/機密情報を含む可能性のあるファイル』であった場合には削除する。
    • ファイルサーバーに配置してPCのローカルには配置しない。
    といった社内ルールに合わせた運用を利用者に案内をします。

次のページ前のページ

ページ先頭へ

ページ先頭へ

sp 
gray
<Q.049 『個人情報/機密情報を含む可能性のあるファイル』を見つけた後、どのような運用方法がありますか?|製品FAQ - AssetView>
法人向けソフトウェアメーカー【ハンモック】のWebサイトをご覧のみなさま

株式会社ハンモックは、IT資産管理、情報漏洩対策、名刺管理、営業支援、データエントリー業務の効率化を実現する法人向けソフトウェアメーカーです。パッケージソフトウェアおよびその組み合わせによるソリューションを、目的別、悩み別にご提案します。実際に導入した企業様の事例もご紹介。オフィスの業務効率化をハンモックがサポートいたします。
法人向けソフトウェアメーカー
株式会社ハンモック
マイナンバー  プライバシーマーク   ISO
ハンモック ホーム | 個人情報保護方針について | 情報セキュリティ基本方針および特定個人情報保護基本方針について | 本Webサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社ハンモック © 2016 Hammock Corporation